新宿区高田馬場の山手皮膚科クリニック。皮膚疾患・美容医療に対応しています。

お問い合せ
よくあるご質問

予約は自費診療のみ行っております。保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

お電話でのご予約・お問い合せ

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:00 土 9:00-14:30 [ 水日祝休 ]

MENU

お問い合せ

脱毛WEB予約

予約は自費診療のみ行っております。
保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

診療のお問い合わせ、自費診療・カウンセリングのご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:00
土 9:00-14:30 [ 水日祝休 ]

サイトマップ

クリニック紹介

クリニック紹介

about

更新日:2020.8.23/公開日:2020.8.19
このコンテンツは山手皮フ科クリニック 院長 豊福一朋が100%オリジナルで書いています。

山手皮フ科クリニックの医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とエステの脱毛の違い

照射手順と事前の準備

注意事項他

照射スケジュール

山手皮フ科クリニックの医療レーザー脱毛

1.医師が責任を持って診察します

皮膚科専門医が肌の状態を診察し、脱毛計画を立てます。 万が一、レーザー脱毛後に皮膚トラブルが起こっても、迅速・的確に対応いたします。

2.安全なレーザー機器を使用します

当院で使用するレーザー機器は米国キャンデラ社製GentleMax Pro(ジェントルマックス プロ)とGentleLase Pro(ジェントルレース プロ)です。
厚生労働省の医療機器承認を取得しています。
ジェントルレース プロはロングパルス・アレキサンドライトレーザーの照射器、ジェントルマックス プロはロングパルス・アレキサンドライトレーザーとNd:ヤグレーザーの複合器です。
当院では患者様の肌の色調や、脱毛部位、医療レーザー脱毛開始後の脱毛効果に応じてアレキサンドライトレーザーとNd:ヤグレーザーを使い分けています。
原則、アレキサンドライトレーザーを使用しますが、男性のヒゲと女性のデリケートゾーンでは脱毛回数10回目以降を目安にNd:ヤグレーザーに切り替えています。

脱毛のメカニズムとレーザー機器の特徴はこちらをご覧ください。

3.疼痛の軽減をはかります

レーザー脱毛器はダイナミッククーリングディバイス(DCD)という冷却装置を搭載しています。
レーザー照射の直前に冷却ガスを皮膚表面に吹き付けて、皮膚の表面を瞬時に冷却して、直後のレーザーを照射します。
これにより高い出力で毛を燃焼させつつ、皮膚表面を熱から保護します。
冷却はレーザー照射時の痛みも和らげます。
キャンデラ社ジェントルレースシリーズのレーザーはこの冷却システムにより日本ではもっとも多く使われているレーザー脱毛器です。

4.女性看護師が高い技術で照射します

厚生労働省に認可されているジェントルレース脱毛器は安全な機器ですが、脱毛にはつねに熱傷などの危険がともないます。
当院では医師に監督下に看護師が施術をおこないます。
看護師は脱毛に必要な皮膚科学の知識を取得しています。
肌の色、毛の太さ、その日の肌の調子を確認にして、その都度安全かつ効果が出る設定で照射いたします。

ページのトップへ戻る

医療レーザー脱毛とエステの脱毛の違い

医療レーザー脱毛とエステ脱毛(美容脱毛)を比較したとき、大きく違う1番のポイントは脱毛の効果です。
医療脱毛もエステ脱毛もレーザーや光を毛根に照射するという脱毛の原理は変わりはありませんが、使っている脱毛器が違います。
医療レーザー脱毛で使うレーザー脱毛器とエステで使う光(IPL)脱毛器では、照射できる出力の強さが異なるため効果にも格段に差がでます。

脱毛効果

クリニック等で行う医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザーを用いて、毛と毛の周囲の組織(毛包)を破壊することで可能となります。とくに毛を産生する毛球部と毛の産生をコントロールするバルジという部分にダメージをあたることが重要です。レーザーは周囲組織にダメージを与えることが少なく、毛包のみを選択的に安全に破壊するので、永久脱毛(永久減毛)に適しています。
毛包を熱破壊することは医療行為に当たるため、レーザー脱毛は医療機関で医療資格を所持した医師や看護師が施術するように法律で決められています。
エステでの脱毛は光脱毛器を用いて行われます。脱もに至る原理はレーザーをかわりありませんが、使用する機器がレーザーか光(IPL)かでは脱毛の効果に大きな差が出ます。
レーザーと光(IPL)では毛のメラニンへの吸収度に大きな差があります。レーザーで少ない出力で毛を燃焼させて脱毛効果を発揮できます。一方、光(IPL)ではメラニンへの吸収度が低く効果を上げようとすると、皮膚表面に熱傷がおこることがあります。エステでの光(IPL)脱毛後のトラブルで皮膚科を受診される場合、もっとも多いのは熱傷と熱傷により数年も続く色素沈着です。光(IPL)脱毛でも全体の毛の量は減っていきます。
とくに色の濃くて、太い毛には光(IPL)でも十分効果があるようです。
しかし、光(IPL)脱毛には限界があり、色の薄い毛やうぶ毛には反応が悪いので、ある程度脱毛がすすんでいくと反応しない毛がかならず残ります。※ 最近は「永久脱毛」、「永久減毛」、「」

通院回数の違い

医療脱毛にメリットをひと言で言うと「少ない回数で永久脱毛(永久減毛)できる」ことです。
医療レーザー脱毛とエステ脱毛(美容脱毛)では脱毛に必要な回数が異なります。レーザー脱毛では、個人差や部位差がありますが、確実な脱毛(減毛)効果を得るには通常身体は6~8回程度、顔は10回程度を要します。さらに全身のどの部位でも、できる限りなくしたい場合は、10回以上かかります。
エステ脱毛の光脱毛では12回~18回の照射をおこないます。回数だと2~3倍の回数となります。

  医療レーザー脱毛 エステの光(IPL)脱毛
使用機材 厚生労働省日本国内承認機器のレーザー 未承認の光(IPL)脱毛器
脱毛機序 毛の周囲組織を完全熱破壊 一部の毛根を不完全破壊
脱毛効果 永久脱毛(永久減毛) 完全には脱毛できない
全身脱毛の回数 6~10回 12~18回
安全性 医師の管理下で安全性高い 低い(熱傷、色素遅着の可能性)
施術者 看護師 エステシャン・無資格者
脱毛の安全性

エステには看護師はいません。エステシャンがおこなうか、エステの経験もないまったくの無資格者がおこなっているようです。
肌の専門知識を持っていないので、肌トラブルが起きた際には見過ごされたり、対応されないことがあります。
当院では、ときどきエステでの脱毛で熱傷ができたかたや、熱傷後に脱毛部位に広範囲に色素沈着がおこったかたがいらっしゃいます。
脱毛は毛根を熱破壊する行為ですので、安全といわれているレーザー機器でも、まれに毛嚢炎や炎症後の色素沈着がおこります。
クリニックでは医師と看護師が脱毛効果を上げつつ、起こりえるトラブルを避けるのにひとりひとり違う肌の色な状況をチェックしています。
しかし、それでも少ないですがトラブルはおこります。
そのような場合は迅速に、ステロイド剤の外用や炎症後の色素沈着を防ぐ内服剤の処方をおこなっています。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いを分析しました。詳細はこちらをご覧ください。

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットはこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る

照射手順と事前の準備

照射手順

  1. お顔の脱毛の場合、洗顔をして、日焼け止めやお化粧を完全に落としていただきます。
  2. 専用のゴーグルで目を保護いたします。
  3. レーザーを照射します。照射時にお肌を弾かれるような刺激があります。額や口周りなどの毛が太い部分、毛量が多い部分は他の箇所よりも痛みを強く感じることがあります。
  4. レーザー照射後、必要時のみステロイド外用を行います。

事前の準備

  • 予約日前日または当日に、ご自宅にてそり残しが無いように毛をそってからご来院ください。
  • ご自身での毛そりが不十分で看護師による剃毛が必要な場合は、一部位毎に剃毛料金1,100円をいただきます。
  • Vライン、襟足はそれぞれお好みの形がありますので看護師による剃毛は一切承っておりません。
  • 身体の脱毛では、脱毛部位に制汗剤・日焼け止め・ボディークリームなどを塗らずにご来院ください。

ページのトップへ戻る

注意事項他

注意事項

  • 妊娠中の方、光線過敏症の方、抗リウマチ薬(金製剤)内服歴のある方へは実施できません。
  • 他のクリニックやエステでの脱毛経験の有無に関わらず、パワー設定や使用機器について患者様のご希望による対応はいたしかねます。
  • 月経中のデリケートゾーンの医療レーザー脱毛はできません。
  • 安全かつ効果的に医療レーザー脱毛を行うために、治療期間中は日焼けを避けてください。日焼けをした後や大事なご予定がある前は最低2週間あけて治療をお受けになることをおすすめします(お肌の状態によっては治療できない場合があります)。
  • 治療前後3日間はレチノイン酸、一部のニキビ治療薬(デュアック配合ゲル、ベピオゲル、ディフェリンゲル、エピデュオゲル)、ピーリング石鹸の使用を中止してください。
  • 医療レーザー脱毛期間中は、毛抜き行為やワックス脱毛はしないようにしてください。
  • 必要な場合、お帰りの際のマスク・帽子等をご用意ください。
  • お化粧は脱毛直後より可能です。レーザー照射部位へのマッサージや強い摩擦は1週間お控えください。
  • 医療レーザー脱毛当日は入浴をお控えください。シャワー浴は可能です。
  • 黒アザがある部分は脱毛レーザーに反応し、一時的に色が濃くなる場合がありますが、次第にもとの色味に戻ります。
  • 当院では顔面の盛り上がりがあるホクロは白いテープで保護します。患者様のご希望がない場合、平らなホクロはテープ保護せずに医療脱毛レーザーを直接照射します。ホクロに対して医療脱毛レーザーの照射を繰り返すと、ホクロの色が徐々に薄くなっていきます。また、まれに直径1mm以下の新しいホクロが出てくることがあります。
  • 照射後、毛穴に一致した発赤や湿疹、毛包炎が起こる場合があります。特に産毛が濃い部分に起こりやすいです。この場合はステロイド外用剤を塗っていただき3日しても改善しない場合は受診してください。

肝斑について

顔面へのロングパルスアレキサンドライト・Nd:ヤグレーザーの照射により、これまで目立たなかった肝斑が顕在化したり悪化することがあります。
当院では肝斑の顕在化および悪化がみられた時点で、トラネキサム酸の内服をおすすめしています。
また、肝斑がご心配な時は、治療開始当初からトラネキサム酸の内服をおすすめします。肝斑の外用治療(ハイドロキノン、トレチノイン)をご希望の方は、医師のカウンセリングをお受けください。
既に肝斑が濃く存在する場合は、期待する効果が得られないためお顔の医療レーザー脱毛はできません。

硬毛化について

硬毛化とは、ロングパルスアレキサンドライト・Nd:ヤグレーザーを照射することで、本来医療レーザー脱毛により減毛となるはずの箇所に元の毛よりも太く濃い毛が生じる現象のことです。
下顎部、エラ周囲、うなじ、上背部、肩周囲、上腕、腰部、臀部が好発部位となっており、数%の割合で起こりえます。
明らかな原因がわかっていないため事前に硬毛化が起こることを予測することは難しく、どなたにでも硬毛化が起こる可能性があります。
当院では硬毛化が起きた場合、硬毛化した部分への照射を一定期間避ける、他の部分より高いパワーで密に照射する等して対処しております。

硬毛化についてはこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る

照射スケジュール

治療間隔

部位 最初の3回 4回目以降
顔面部位 2か月毎 3~4か月毎
ワキ 2か月毎 3~4か月毎
身体 3か月毎 4~5か月毎

脱毛回数

個人差や部位差がありますが、確実な脱毛(減毛)効果を得るには通常身体は6~8回程度、顔は10回程度を要します。
全身のどの部位でも、できる限りなくしたい場合は、10回以上かかります。

注意事項

  • 妊娠中の方、光線過敏症の方、抗リウマチ薬(金製剤)内服歴のある方へは実施できません。
  • 他のクリニックやエステでの脱毛経験の有無に関わらず、パワー設定や使用機器について患者様のご希望による対応はいたしかねます。
  • 月経中のデリケートゾーンの医療レーザー脱毛はできません。
  • 安全かつ効果的に医療レーザー脱毛を行うために、治療期間中は日焼けを避けてください。日焼けをした後や大事なご予定がある前は最低2週間あけて治療をお受けになることをおすすめします(お肌の状態によっては治療できない場合があります)。
  • 治療前後3日間はレチノイン酸、一部のニキビ治療薬(デュアック配合ゲル、ベピオゲル、ディフェリンゲル、エピデュオゲル)、ピーリング石鹸の使用を中止してください。
  • 医療レーザー脱毛期間中は、毛抜き行為やワックス脱毛はしないようにしてください。
  • 必要な場合、お帰りの際のマスク・帽子等をご用意ください。
  • お化粧は脱毛直後より可能です。レーザー照射部位へのマッサージや強い摩擦は1週間お控えください。
  • 医療レーザー脱毛当日は入浴をお控えください。シャワー浴は可能です。
  • 黒アザがある部分は脱毛レーザーに反応し、一時的に色が濃くなる場合がありますが、次第にもとの色味に戻ります。
  • 当院では顔面の盛り上がりがあるホクロは白いテープで保護します。患者様のご希望がない場合、平らなホクロはテープ保護せずに医療脱毛レーザーを直接照射します。ホクロに対して医療脱毛レーザーの照射を繰り返すと、ホクロの色が徐々に薄くなっていきます。また、まれに直径1mm以下の新しいホクロが出てくることがあります。
  • 照射後、毛穴に一致した発赤や湿疹、毛包炎が起こる場合があります。特に産毛が濃い部分に起こりやすいです。この場合はステロイド外用剤を塗っていただき3日しても改善しない場合は受診してください。

女性脱毛料金はこちらをご覧ください。

男性脱毛料金はこちらをご覧ください。

男性のヒゲ脱毛はこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る

ご予約・お問い合せはこちらから

お問い合せ

予約は自費診療のみ行っております。
保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

診療のお問い合わせ、自費診療・カウンセリングのご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:00
土 9:00-14:30 [ 水日祝休 ]

診療受付時間
10:00-12:50 -*
15:00~18:00 --
診療受付時間
10:00-12:50 / 15:00-18:00 *土曜日は9:00-14:30のみ
休診日
水・日・祝

Access
アクセス

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-5 フレンドビル3F

アクセス
JR山手線、東京メトロ「高田馬場駅」徒歩1分

各種クレジットカードをご利用いただけます

※クレジットカード支払いは
自費診療5,500円以上でのお取り扱いとなります。

各種クレジットカード
ページの先頭へ戻る