自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

更新日:2018.7.1/公開日:2018.5.2
このコンテンツは山手皮フ科クリニック 院長 豊福一朋が100%オリジナルで書いています。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとはダウンタイムがないマイルドな美白・美肌治療です。
全顔を照射する場合でも15分程度の短時間で済みます。

主な治療対象

 

  • ●くすみの改善
  • ●シミ、ソバカスの改善
  • ●肌質の改善
  • ●毛穴開大の軽減
  • ●うぶ毛の脱毛
  • ●ニキビ治療

 

※シネロン・キャンデラ社ジェントルレースプロとジェントルレース

くすみ・シミへの効果

レーザーフェイシャルにはロングパルス・アレキサンドライトレーザーであるシネロン・キャンデラ社のジェントルレース、ジェントルレース・プロを使います。
波長755nm(ナノメートル)のアレキサンドライトレーザーはメラニン色素に選択的に反応するので、くすみ、ソバカスなどの薄いシミに高い効果があります。

シミ(ソバカス、老人性色素斑、脂漏性角化症)の治療に最も効果が高いのはQスイッチレーザーです。
しかし、シミを完全に消すことができる一方、強い炎症で照射部が赤くなり、続いて黒いかさぶた(痂皮)や炎症後色素沈着がおこります。
これらをダウンタイムといいます。またQスイッチレーザーは顔全体に照射するようにはできていないので、くすみ治療には向いていません。

レーザーフェイシャルはQスイッチレーザーよりはシミへの効果は弱いのですが、ダウンタイムがほとんどありませんし、顔全体をくまなく照射できます。
照射後はうぶ毛が燃えるので毛穴にわずかな炎症(これが脱毛効果となります)がおこり、シミ・ソバカスが薄いかさぶた(痂皮)となり、やや黒くなる程度です。
薄いかさぶたは化粧で簡単に隠せます。
レーザーフェイシャルはくすみの治療に最適で、ダウンタイムがほとんどなしにシミ・ソバカスを減らせます。

レーザーフェイシャル、Qスイッチレーザー、IPLの効果比較

  レーザーフェイシャル Qスイッチレーザー IPL光治療
くすみ ★★★★ なし ★★★★
ソバカス ★★★ ★★★★★ ★★
老人性色素斑 ★★★ ★★★★★ ★★
脂漏性角化症 ★★★★★ なし
毛穴の開き改善 ★★ なし
肌質改善 ★★★ なし ★★★
顔の脱毛 ★★★★★ なし ★★
ダウンタイム ほとんどなし 赤み3~5日
かさぶた10~14日
なし
炎症後色素沈着 ほとんどなし あり(約3カ月) なし
そのほか ニキビ治療効果あり
肝斑が濃いと治療不可
なし 肝斑があっても治療可

肌質改善

波長755nm(ナノメートル)のアレキサンドライトレーザーは皮膚の真皮層まで到達しマイルドな熱に変換されます。
発生した熱は皮膚にダメージを与えないくらいの軽い炎症を引き起こし、皮膚のコラーゲンを産生する線維芽細胞を活性化させます。
結果、コラーゲン産生がおこり肌質を改善していきます。

脱毛効果

ジェントルレース、ジェントルレース・プロは脱毛のレーザーとして日本でもっともよく使われているレーザー機です。
レーザーフェイシャルと同時に顔のうぶげ毛の脱毛もおこなえます。

ニキビ治療

レーザーフェイシャルは美白・美肌治療に効果を発揮しますが、ニキビのレーザー治療としても優れています。
レーザーフェイシャルは広範囲なニキビ、治りにくいニキビを治療することができます。
強めにレーザーを照射して、毛と毛包(毛の周囲の組織)を一瞬のうちに高温で燃焼させて、毛包のとなりにくっついている脂腺を熱破壊するものです。
医療レーザー脱毛とおなじメカニズムで、ニキビの炎症のもとになる脂腺永久的に壊します。
脂腺そのものを破壊するので、時間が経っても症状が後戻りすることがありません。
2週間~1ヵ月に1回で7~12回程度の照射をおこないます。
時間がかかるので急ぎの治療には向いていません。

レーザーフェイシャルとケミカルピーリングの違い

  長所 短所
レーザーフェイシャル 治療後も症状が逆戻りしない
効果が永続的
顔面の脱毛を兼ねる
弱い瘢痕改善作用がある
治療に時間がかかる
(2週間~1ヵ月に1回で半年から1年)
急ぎの治療には向かない
ケミカルピーリング 即効性がある
(結婚式前、写真撮影前の短期的な治療に向いている)
肌のツヤがでる
弱い瘢痕改善作用がある
永続性がない
長期間治療しないともとに戻ることが多い

ニキビ治療例

28歳女性
主訴はニキビで来院されています。
他のクリニックで1年間外用抗生剤、内服抗生剤の治療を行っていましたがなかなか良くならずに山手皮フ科クリニックを受診されました。
山手皮フ科クリニックでは外用剤や外用抗生剤、漢方薬(排膿散及湯)を処方しました。
自宅ではピーリング石鹸と外用ビタミン誘導体を使いニキビケアを開始しました。
お急ぎの治療であったために2週に1回、合計4回のレーザー照射を行いました。
仕事が忙しい時などに悪化した場合に追加のレーザー照射をおこなっています。
治療期間6カ月(保険での治療期間含む)で治療にかかった費用¥109,200(自費治療のみ)でした。

※治療前
※治療7回終了時

治療のながれ

ご予約から診察

 

  • ●お電話にてレーザーフェイシャルのカウンセリングを予約をしてください。診療は自費診療となります。初診料は¥3,240です。
  • ●カウンセリングでは肌の状況を確認して照射が可能かどうか判断いたします。肝斑が濃い方、肌の色が濃い方は治療をお勧めしないことがあります(IPLなどの光治療は可能な場合があります)。また日焼けしている方は治療ができません。
  • ●治療は予約をいただいて後日となります。
  • ●当日に治療の枠が空いているときは治療が可能です。
  • ●お電話でのご予約の時点では照射できる状態か不明ですので、カウンセリングの後に治療の予約はいれておりません。あらかじめご了承ください。

 

レーザー照射のながれ

 

  1. ご来院いただき、日焼け止め(サンスクーン)、化粧を完全に落としてください。レーザーを反射して効果が減弱したり、熱傷のおそれがあります。また、前日の夜に使用してクリーム類も残っていると効果を減弱します。
  2. レーザー照射は10~15分程度です。
  3. レーザー照射終了後はアイスパックにて照射部を冷却します。
  4. 照射後の通院は必要ありません。

 

レーザーフェイシャルの費用(税込み)

  平日割引料金(土曜日不可) 土曜日
初回 \10,800 \12,600
1回 \16,100 \18,900
3回セット
( )内は1回あたりの費用
\48,300→\41,900(\13,967) \56,700→\49,200(\16,400)
11回目以降 \10,800 \12,600