白癬・水虫・たむし

白癬・水虫・たむし

白癬・水虫・たむしの治療について

国民の5人に1人は足白癬に、10人に1人は爪白癬に感染しているといわれています。

白癬の分類

1)足・手白癬

足・手の毛の生えていない部分の白癬。
趾間(足の趾のあいだ)に紅斑(あかみ)、鱗屑(皮膚のはがれ)、小水泡(小さな水ぶくれ)を生じるもので、痒みが強い「趾間型」、足(とくにかかと)の皮膚が厚く、ひび割れて、痒みがない「角質増殖型」があります。

2)爪白癬

多くは爪の遠位(外側)、側縁(爪の横)から菌が侵入して、爪が白くなり、厚くなります。軽度であれば、外用剤のみで治療ができますが、多くの場合、飲み薬が必要となります。楔状の混濁がある場合、難治です。

3)体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)

かゆみを伴い、境界が鮮明な環状の紅斑として現れます。環の周囲はわずかに盛り上がっています。股にできるのが、いわゆる「いんきんたむし」です。広がって肛門周囲にまで届くこともあります。

4)頭部白癬(しらくも)

頭部にフケが付着した比較的境界のはっきりした不完全な脱毛局面としてみられます。残っている毛も簡単に抜けてしまいます。
皮膚の深いところまで感染すると、永久に脱毛となることがあります(ケルスス禿瘡)。
最近はTrichophyton tonsurans(トリコフィトン・トンズランス)よる感染が増えています。

Trichophyton tonsurans

柔道、レスリング、すもうなどの格闘技選手の間で最近Trichophyton tonsurans(トリコフィトン・トンズランス)という新しい菌が、外国から持ち込まれ感染する人が増えています。この菌は感染力が強く、一度感染すると治りにくいので注意が必要です。
症状として体部白癬タイプと頭部白癬タイプの2種類に分けられます。

1)体部白癬

発疹は柔道着などの衣類で擦れる顔、首、上半身に直径1~2cmのかさかさしたピンク色の発斑が単発あるいは複数できます。

2)頭部白癬

フケやかさぶたが少しできるだけの①脂漏性湿疹型、薄毛のような症状となる②black dot ringworm、炎症が強い③ケルスス禿瘡の3つのタイプがある。
格闘技選手間では6 ~10%程度の人は感染していますが、その80%以上が無症候性キャリアといって頭部に菌はいますが、症状がでない人といわれています。

生活で注意すること
  • 同居者に水虫があるときはスリッパ、足ふきマットを共有しないようにします。
  • 室内を掃除機をかけて、よく掃除して足の皮を残さないようにします。 剥がれた足の皮のなかで菌は1年以上生存します。水虫が治っても、部屋のすみのはがれた足の皮を踏んで再感染します。足ふきマットは洗濯機で洗濯することで、残った足の皮はほぼ完全に取れます。
  • 温泉や旅館に宿泊した際、アスレチックジム、プールを利用した際は、足を十分乾燥させて靴下を履きます。また、抗真菌剤を外用して予防します。
  • 趾と趾の間に隙間がない人は再感染しやすく、5本趾の靴下を履くとすきまができて、水虫になりにくくなります。
水虫の感染経路

治療

1)外用療法

ペキロン,ルリコン,アスタット,ゼフナート,ラミシールなどの抗真菌剤クリームを入浴後に1日1回外用します。股部白癬(いんきんたむし)では2週間、足白癬では4週間以上外用します。

※ネイルラッカー
海外では爪白癬局所治療薬として抗真菌薬のネイルラッカー製剤があり、マニキュアのようにして使用されています。軽症例であれば1年程度塗布することで治ります。日本では現在、臨床治験中です。

2)内服治療
① テルビナフィン内服

1日1回1錠を食後に内服します。体部白癬は2週間、頭部白癬は4~8週間、爪白癬は16~24週間内服します。

テルビナフィン内服期間
② イトラコナゾールパルス療法

1日2回食後に内服します。7日間内服して3週間休薬を3回繰り返します。

イトラコナゾールパルス療法期間

診療情報のご案内

  • 帯状疱疹後神経痛の治療
  • 再発性口唇ヘルペス・性器ヘルペスの治験
  • 中~重症アトピー性皮膚炎の治験
  • 慢性じんま疹の治験
早稲田大学生の皆様は申請で医療給付金が受けられます。

早稲田大学生の皆様へ
申請で医療給付金が受けられます。詳しくはこちら

診察内容

保険診療

ステロイド使用に関する院長の方針
にきび
蕁麻疹(じんま疹)
乾癬
ほくろ
太田母斑
異所性蒙古斑
外傷性刺青
アトピー性皮膚炎
白癬・水虫・たむし
イボ
ウオノメ
陥入爪
単純ヘルペス
帯状疱疹
(再発性)性器ヘルペス
金属アレルギー検査
接触皮膚炎パッチテスト
ナローバンドUVB

美容診療

Vビーム・パフェクタ
アファームマルチプレックス
フォトブライト治療(ライムライト)
ダウンタイムがないシミ治療
クールグライド
ジェネシスフェイストリートメント
レーザー脱毛について
男性の脱毛について
アレキサンドライトレーザー
炭酸ガスレーザスレーザ・フラクショナルレーザー(コア2)
ファーストピアス
チタン製セカンドピアス
老人性色素斑
ソバカス
肝斑
大田母斑(保険適用)
脂漏性角化症
くすみ
入墨・アートメイクの除去
ホクロ
にきび、にきび跡
眼瞼黄色腫
ヒアルロン酸注入
脂肪溶解注射
ボトックス注射
クビまわりのイボ
巻き爪ワイヤー治療
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
トレチノイン/ハイドロキノン
ケミカルピーリング
プラセンタ注射

その他

AGA(若年性・壮年性脱毛)
アロビックス
サノレックス
子宮頸がん予防ワクチン
当医院長が監修致しました。

“美白ネット”は当医院長が監修している美白に関する情報サイトです。
美白ネット
http://www.bihakunet.com/

当医院長が監修致しました。

“UVカット口コミランキング”は当医院長が監修しているUVカットに関する情報サイトです。
UVカット口コミランキング
http://www.uv-cut.jp/

当医院長が監修致しました。

VoCE2008年11月号
VoCE 2009年5月号
のビューティー用語 辞典「美ィキペディア(ヴィキペディア)」を当医院長が監修致しました。
VoCE2009年9月号
の「ivoce魂隊が行く!」で当医院が紹介されました。
VoCE2010年5月号
の「シミの勝ち組」を当医院長が監修致しました。
VoCE2012年5月号
の「美白のギモン」を当医院長が回答致しました。

その他取材

2010年5月17日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。
2010年6月17日Japan Times」に当医院長が取材を受けました。
2011年7月28日アルバ」の紫外線対策の記事を当医院長が監修致しました。
2011年9月22日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。

インフォメーション。当クリニックについて

インフォメーション
  • 土曜日の院長受付時間

    土曜日に予約なしレーザー治療、院長の経過診察をご希望の方は受付時間をご確認ください。予約優先のためお待ち時間が予測できません。

    ※三宅医師の保険診療は9:00~14:50までの受付です。

    2月18日(土)

    9:00~10:00まで

    2月25日(土)

    9:00~11:00まで

    3月4日(土)

    9:00~14:00まで

    3月11日(土)

    9:00~11:30まで

    3月18日(土)

    9:00~14:00まで

    3月25日(土)

    9:00~14:00まで

  • 3月16日(木)

    午後の受付は18:00までとなります。

  • GW期間の診療について

    4月29日(土・祝)は診療を行い、5月6日(土)は休診とさせていただきます。

    5月8日(月)、5月9日(火)は混雑が予想されるため美容相談やレーザー治療のご予約はお取りできません。ご診察にいらっしゃる場合はお時間に余裕をもってご来院ください。

  • 診療医担当表が変更になりました。詳しくはこちら>>  毎週土曜日、木曜日、火曜日(午前)は医師2名体制で診療を行います。院長は自費診療、手術、予約の患者様を担当し、受付時間も異なりますのでご注意ください。院長の診察をご希望の方はこれらの日以外にご来院ください。

  • 学会・研究会出席のため、診療時間の変更や休診となることがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

地図・クリニックへのアクセスはこちら

山手皮膚科クリニックは、新宿区、高田馬場にある美容・皮膚科クリニックです。
Copyright(C)2006 山手皮膚科クリニック All rights reserved.