シミの治療で明るい肌に(肝斑の治療)

シミの治療で明るい肌に。肝斑の治療

シミ・肝斑の疑問にお答えします

肝斑は女性の頬にできる左右対称性の境界が比較的はっきりしたシミです。30歳台~40歳台に多く一部は妊娠をきっかけに出現します。また、経口避妊薬でも出現しやすく、高齢になると自然に消失することから、女性ホルモンの分泌と深い関係があるといわれています。紫外線の多くなる夏に目立つようになり、冬には薄くなることが多く、紫外線が関係しているといわれています。また、ストレスで悪化することがあります。

肝斑がよくできる場所は、紫外線が多くあたる前額、頬骨部、上口唇、下顎です。左右対側性に境界明瞭な褐色の色素斑を生じ、目の周囲が抜けるのが特徴です。

治療

肝斑はほかのシミと違いレーザー治療が効きません。それどころか、レーザーを使用するとシミが濃くなるということが起こります。そこで、内服剤と外用剤による治療を行います。トラネキサム酸の内服に加え、ビタミンC誘導体外用ハイドロキノン外用、あるいはレチノイン酸とハイドロキノン併用外用を行います。

 

ビタミンC誘導体外用

最も手軽な治療法で、1日2回程度肝斑に外用するだけです。ビタミンC誘導体は皮膚に浸透し、活性型ビタミンCに変わって、メラニン細胞の過剰なメラニン生産を減らします。この作用により肝斑を薄くすることができます。しかし、外用を中止すると次第に肝斑は元に戻ります。皮膚への浸透を促進させるのにイオン導入をおこなうとより効果的です。また、ビタミンC誘導体はこれ以外に1)毛穴の開き、2)ニキビ、3)小じわ、4)肌のキメなどの改善が期待できます。

ビタミンC

   

ハイドロキノン単独外用

1日2回程度肝斑に外用する手軽な治療法です。ビタミンCの100倍の美白効果があります。
ハイドロキノンはメラニン細胞のメラニン産生を抑え、さらに過剰にメラニンを産生する異常メラニン細胞を選択的に破壊します。ハイドロキノンによるかぶれなどがおこるかどうかテストを行った上で、1日1-2回肝斑に外用します。

ハイドロキノン

     

トレチノインとハイドロキノン併用外用

ビタミンAの誘導体であるトレチノインは表皮に対してターンオーバーを促進して表皮を厚くし、真皮に対してはコラーゲンの産生を促し皮膚のハリを改善するなど、外用することで皮膚の若返りが期待される外用剤です。

トレチノイン

このトレチノインとハイドロキノンを組み合わせると、効果が高い肝斑点治療が可能となります。

治療方法は「漂白期」「治癒期」に分かれます。治療開始2~6週までは「漂白期」といい、トレチノインおよびハイドロキノンを併用し、強力に表皮メラニンの排出を促します。治療開始後数日のうちに皮膚が紅くなり、ポロポロと表皮が薄くはがれ、肝斑のシミが薄くなっていきます。この状態を続けると若干の紅みをのこし肝斑は消えていきます。その後、トレチノインを中止しハイドロキノンのみを外用する「治癒期」に移ります。紅みは次第に消失し、シミのない皮膚へと生まれ変わります。
トレチノインの作用により、シミが消えるだけでなく、皮膚のハリがよくなり、毛穴の開きや小じわが改善されます。

下の図は当院で治療した肝斑ですが、治療後8週間で肝斑はまったく消失してしまいました。このようにトレチノインとハイドロキノンはレーザーが無効な肝斑のようなシミを効果的に治療することができます。また、写真では右の治療後の写真であきらかに皮膚の光の反射がよくなっています。写真は条件を等しく撮影していますので、トレイチノンの外用で肝斑がなくなる効果に加え、皮膚のつやと張りがよくなっていることがわかります。

治療例
しかし、この治療にも、少なからず弱点があります。トレチノインは光や熱による薬剤安定性が悪く、冷蔵庫あるいは冷凍庫に保存しなければなりません。また。「レチノイド皮膚炎」といって、外用部が紅くなり、皮膚がぽろぽろむけます。しかし、皮膚炎は効果がでている裏返しで、ある程度の皮膚炎が起こらないと効果も期待できません。このため、広範囲の肝斑においては、治療部位を数箇所に分割し治療することで、皮膚炎の広がりを限定することもあります。

※)トレチノインは動物実験上で、内服することで催奇形性の報告があります。外用剤ではトレチノインが吸収され血中に入る量が非常に微量であるため、催奇形性はきわめて低いと考えられます。医薬品の認可が厳しい米国ではFDA(米国食品医薬品局、日本では厚生労働省にあたる機関)の認可のもと、トレチノイン一種であるイソトレチノイン(商品名Accutaneアキュターン)が若い男女のニキビにもっとも効果がある薬として広く使われています。念のために妊娠可能な女性にはトレチノイン使用中の避妊を指導しています。

治療の詳細はトレチノイン/ハイドロキノン外用療法をご覧ください。

料金(税込み)

シミ治療 > 肝斑治療

※初診料¥3,240、再診料1,080円が別途かかります。
※シミの範囲により使用する外用剤の量が変わるために面積で価格が異なります。

診療情報のご案内

  • 帯状疱疹後神経痛の治療
  • 再発性口唇ヘルペス・性器ヘルペスの治験
  • 中~重症アトピー性皮膚炎の治験
  • 慢性じんま疹の治験
早稲田大学生の皆様は申請で医療給付金が受けられます。

早稲田大学生の皆様へ
申請で医療給付金が受けられます。詳しくはこちら

診察内容

保険診療

ステロイド使用に関する院長の方針
にきび
蕁麻疹(じんま疹)
乾癬
ほくろ
太田母斑
異所性蒙古斑
外傷性刺青
アトピー性皮膚炎
白癬・水虫・たむし
イボ
ウオノメ
陥入爪
単純ヘルペス
帯状疱疹
(再発性)性器ヘルペス
金属アレルギー検査
接触皮膚炎パッチテスト
ナローバンドUVB

美容診療

Vビーム・パフェクタ
アファームマルチプレックス
フォトブライト治療(ライムライト)
ダウンタイムがないシミ治療
クールグライド
ジェネシスフェイストリートメント
レーザー脱毛について
男性の脱毛について
アレキサンドライトレーザー
炭酸ガスレーザスレーザ・フラクショナルレーザー(コア2)
ファーストピアス
チタン製セカンドピアス
老人性色素斑
ソバカス
肝斑
大田母斑(保険適用)
脂漏性角化症
くすみ
入墨・アートメイクの除去
ホクロ
にきび、にきび跡
眼瞼黄色腫
ヒアルロン酸注入
脂肪溶解注射
ボトックス注射
クビまわりのイボ
巻き爪ワイヤー治療
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
トレチノイン/ハイドロキノン
ケミカルピーリング
プラセンタ注射

その他

AGA(若年性・壮年性脱毛)
アロビックス
サノレックス
子宮頸がん予防ワクチン
当医院長が監修致しました。

“美白ネット”は当医院長が監修している美白に関する情報サイトです。
美白ネット
http://www.bihakunet.com/

当医院長が監修致しました。

“UVカット口コミランキング”は当医院長が監修しているUVカットに関する情報サイトです。
UVカット口コミランキング
http://www.uv-cut.jp/

当医院長が監修致しました。

VoCE2008年11月号
VoCE 2009年5月号
のビューティー用語 辞典「美ィキペディア(ヴィキペディア)」を当医院長が監修致しました。
VoCE2009年9月号
の「ivoce魂隊が行く!」で当医院が紹介されました。
VoCE2010年5月号
の「シミの勝ち組」を当医院長が監修致しました。
VoCE2012年5月号
の「美白のギモン」を当医院長が回答致しました。

その他取材

2010年5月17日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。
2010年6月17日Japan Times」に当医院長が取材を受けました。
2011年7月28日アルバ」の紫外線対策の記事を当医院長が監修致しました。
2011年9月22日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。

インフォメーション。当クリニックについて

インフォメーション
  • 土曜日の院長受付時間

    土曜日に予約なしレーザー治療、院長の経過診察をご希望の方は受付時間をご確認ください。予約優先のためお待ち時間が予測できません。

    ※三宅医師の保険診療は9:00~14:50までの受付です。

    2月18日(土)

    9:00~10:00まで

    2月25日(土)

    9:00~11:00まで

    3月4日(土)

    9:00~14:00まで

    3月11日(土)

    9:00~11:30まで

    3月18日(土)

    9:00~14:00まで

    3月25日(土)

    9:00~14:00まで

  • 3月16日(木)

    午後の受付は18:00までとなります。

  • GW期間の診療について

    4月29日(土・祝)は診療を行い、5月6日(土)は休診とさせていただきます。

    5月8日(月)、5月9日(火)は混雑が予想されるため美容相談やレーザー治療のご予約はお取りできません。ご診察にいらっしゃる場合はお時間に余裕をもってご来院ください。

  • 診療医担当表が変更になりました。詳しくはこちら>>  毎週土曜日、木曜日、火曜日(午前)は医師2名体制で診療を行います。院長は自費診療、手術、予約の患者様を担当し、受付時間も異なりますのでご注意ください。院長の診察をご希望の方はこれらの日以外にご来院ください。

  • 学会・研究会出席のため、診療時間の変更や休診となることがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

地図・クリニックへのアクセスはこちら

山手皮膚科クリニックは、新宿区、高田馬場にある美容・皮膚科クリニックです。
Copyright(C)2006 山手皮膚科クリニック All rights reserved.