自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

サーモンパッチ・正中部母斑

生まれたばかりの赤ちゃんの額中央に平たい紅斑(赤あざ)である正中部母斑のなかの「サーモンパッチ」かもしれません。サーモンパッチとはどういうものなのか、症状、原因、治療法、費用についてご説明します。

サーモンパッチ・正中部母斑の症状

「正中部母斑」は生まれたばかりの赤ちゃん(新生児)から乳児初期にかけてからだの正中部に生じる紅斑(赤あざ)を総称した病名で、新生児の20~30%にみられます。
眉間、前額正中(おでこ、額の真ん中)、上眼瞼内側(うわまぶた、目頭)、人中(鼻の下)、項部(うなじ、頸部のうしろ)に存在します。
特徴は境界がはっきりしない、赤色にむらがある隆起しない(平坦な)紅斑です。
ポートワイン母斑(単純性血管腫)は境界鮮明、いちご状血管腫は隆起していることで見分けることができます。
この正中部母斑のなかで顔面にできるものは「サーモンパッチ」と呼ばれ、紅斑(赤あざ)の色がサーモン(鮭)に似ていることが由来です。
サーモンパッチの大部分は生後1年半以内、遅くても3歳ころまでに自然に消えると教科書には記載されていますが、実際は成人になっても薄くなって残る方がけっこういらっしゃいます。
一方。項部(うなじ)にみられる紅斑は「ウンナ(Unna)母斑」と呼ばれ、半数の人は成人期まで残ります。成人期まで残ったウンナ母斑はその後も残ります。
皮膚の真皮毛細血管の増加と拡張で皮膚が赤くなった紅斑(赤あざ)で、泣いた後やお風呂のときなどは毛細血管が拡張して赤みが濃くなりますが、これは生理的な反応で心配はいりません。からだが冷えればもとに戻ります。

サーモンパッチ・正中部母斑の原因

正中部母斑、サーモンパッチ、ウンナ母斑の原因は皮膚の真皮毛細血管の増加と拡張です。なぜできるのかについてははっきりとしたことはわかっていませんが、遺伝の影響などがあるのではないかと考えられています。

サーモンパッチ・正中部母斑の治療

自然に消えることが多いので、なにもせずに経過をみます。外用剤、内服薬で効果があるものはありません。
サーモンパッチでは3歳を過ぎても赤みが残った場合、ウンナ母斑では気になった場合は治療が可能です。
また、治療せずに経過をみていく場合、色味が気になるときはカバーマークが便利です。マーシュフィールド社 のカバーマークは特に優れています。

♦レーザー治療

波長595ナノメートルの色素レーザーが治療の第一選択となります。
当院ではシネロン・キャンデラ社のVビームⅡで治療を行います。1カ月以上あけて3~6回の照射を行います。

治療例

30歳代 女性。生下時から額に赤あざがあり、成人になっても消退しませんでした。
2カ月おきに3回の照射をおこない消失しました。
治療前:額正中部のサーモンパッチ

照射直後(1回目)
色素レーザー(VビームⅡ)を照射した直後の写真。炎症がおこっています。炎症は後に赤紫色の紫斑となって、1週間ほどで消失します。

治療終了後
3回の照射でサーモンパッチは消失しました。

費用

費用VビームⅡによるレーザー治療はサーモンパッチを含む単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症に限り保険適応となります。保険診療ではおよそ4ヵ月に1回の照射となります。
ただし、4ヵ月以内に照射を行う場合、短期間での治療をご希望で1~2ヵ月毎に照射を希望される場合は自費診療となります。費用は範囲で異なりますので、初診時にお見積りいたしますが、おおよそ¥10,800~¥32,400となります。

サーモンパッチの治療費用

大きさ(面積) 価格
10㎠未満 2,170点
(保険診療自己負担分 ¥6,510)
照射面積が10平方センチメートルを超えた場合は、10平方センチメートル又は その端数を増すごとに所定点数に500点(自己負担分¥1,500)を加算します。ただし、8,500点(自己負担分¥25,500)の加算が限度となります。
50㎠(例) 4,170点(2,170点+2,000点)
(保険診療自己負担分 ¥12,510)
100㎠(例) 6,670点(2,170点+4,500点)
(保険診療自己負担分 ¥20,010)