自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

シワ取りボトックス注射

シワ取りボトックス注射とは注射剤(BOTOX VISTA®、ボトックスビスタ®、米国アラガン社製)によって額、目尻、眉間、鼻根部、口唇の筋肉を弛緩させ、シワを目立たなくするものです。ボトックスによるシワ治療は1990年代後半に米国・カナダで始まり、2002年にはFDA(米国食品医薬品局)で、2009年1月に厚生労働省認可されました。以来、世界で1100万人が安全に治療を受けています。

ボトックスビスタの特徴

ボトックスビスタとは

アラガン社のボトックスビスタはシワの原因筋を弛緩させ、肌をなめらかにする天然のタンパク質です。注射後3~4カ月間持続します。当院では日本向けに製造されたアラガン社の正規品を使用しています。

ボトックスビスタの効果

ボトックスビスタは表情シワの原因となる特定の筋肉の緊張を和らげる効果があります。

ボトックスビスタの成分

ボトックスビスタは天然のタンパク質です。ボトックスビスタの有効成分は、抗生剤のペニシリンが微生物に由来しているように、微生物から精製されます。

ボトックスビスタ治療とは

ボトックス治療の所要時間は通常10分です注)。不快感はわずかで麻酔も不要です。注射による痛みを数秒感じるかもしれませんが、通常、治療後すぐに普通の生活をすることができます。

ボトックスビスタの効果持続時間

ボトックス治療の効果は治療から通常、2~3日後に現れ、7日後にははっきりした効果を実感でき、およそ2週間で最大の効果が得られます。その効果は通常3~4カ月持続します。治療の効果は徐々に消えていきますが、突然なくなることはありません。

ボトックスビスタ治療の実践年数

ボトックスビスタは2002年に米国FDA(米国食品医薬品局)で「眉間の表情シワ」に適応が承認されて以来、美容医療の分野において世界で1100万人以上の方に使用されています。

ボトックスビスタの特徴

ボトックスビスタは、シワ治療のために唯一日本で承認されているA型ボツリヌス菌毒素製剤です。ボトックスビスタはA型ボツリヌス菌毒素製剤の中で唯一、20年の臨床経験があり、その安全性が証明され、世界でもっとも広く使用されているA型ボツリヌス菌毒素製剤です。ボトックスビスタと同じ製品は存在しません。

ボトックスビスタ治療に伴う副作用の可能性

ボトックスビスタの副作用は、頭痛、眼瞼下垂(通常は片側性で軽度、かつ一過性)、注射部位の局所的な痛み、顔の痛み・赤み、筋肉の部分的な脱力、注射周囲の腫れ・あざ、皮膚の突っ張り感、無感覚、チクチクする感じ、吐き気などが報告されています。

注)ボトックスビスタ注入に要する時間で、事前の問診、カウンセリングなどの時間は含みません。

クリニックの方針

ボトックス注射は日本では2009年1月に厚生労働省により認可されました。それまでは、医師が独自に薬剤を輸入して治療をおこなっていました。したがって、日本ではボトックスに関するトレーニング制度が確立しておらず、注入部位、注入量、注入方法はクリニック、医師によってまちまちです。

現在、日本向け薬剤であるボトックスビスタはアラガン社により国内販売されています。当院では、アラガン社の指導で当山手皮フ科クリニック院内において、ボトックス治療の先進国であるニュージーランドからボトックス治療の専門医師を招いたり、ドイツ、オーストラリアの医師より直接指導を受けて、治療を行っております。

施術の流れ

※受診当日の治療が可能です。あらかじめお電話で予約をお取りください。

1.カウンセリング

施術前にナースが治療概要を説明した後、医師がカウンセリングを行います。カウンセリングでは、注射部位、注入量、バランスなどのご希望をうかがい、料金をお知らせします。

2.デザイン

カウンセリングでお尋ねしたことをもとに、注射する部位をデザインします。治療内容を納得いただき、治療開始となります。

3.注射

痛みをやわらげる目的で施術前に注射部位を氷冷剤で30秒間冷却し、ボトックスビスタを注射します。痛みは僅かです。

4.治療後

メイクをして、そのままお帰りいただけます。注射部位が腫れることはほとんどありません。

5.経過観察

効果は、治療から通常、2~3日後に現れ、7日後にははっきりした効果を実感でき、およそ2週間で最大の効果が得られます。2週間後に来院いただき、治療効果を確認いたします。この時に治療効果が弱ければ追加注入を行います(別途費用がかかります。1単位1296円)。

症例

眉間の表情シワ治療例

眉間の表情シワ治療例

目尻のシワ治療例

シワが寄るような表情をつくってもシワはできません。

額のシワ治療例

あごの梅干しジワ治療例

料金

  単位数 価格 キャンペーン価格
眉間 20 ¥25,920 ¥21,600
10 ¥12,960 ¥10,800
目尻(両側) 20 ¥25,920 ¥21,600
唇周囲(上唇) 4 ¥5,184  
鼻のウサギシワ 6 ¥7,776  
あごの梅干しジワ 5 ¥6,480  
小顔(両側咬筋) 50 ¥64,800  
脇の制汗(両側) 80 ~100  ¥103,680
〜¥129,600
 

※1)単位数、価格はめやすで、シワの程度により加減することがあります。
※2)キャンペーンは平成28年3月30日までの予定。
追加注入は1単位1296円必要となります

よくある質問

Q:治療当日から普段通りの生活ができますか?

A:注入直後からメイクや洗顔など普段通りの生活ができます。
当日のアルコール摂取はお控えください。
入浴は可能です。

Q:妊娠中ですが、ボトックス治療はできますか?

A:妊娠中の方や妊娠予定のある方、授乳中の方は治療ができません。

Q:ボトックス注入時の痛みはありますか?

A:針の刺入時と薬剤注入時にチクッとして痛みがあります。痛みを抑えるために、注射部位を氷冷剤にて30秒間冷やして後、極細の針を用いボトックスビスタを注入します。

Q:ボトックスは菌毒素だそうですが、危険はないのですか?

A:ボトックスは、ボツリヌス菌が出す毒素を抽出したものですが、米国ではFDA、日本では厚生労働省の認可を受けています。ボトックスは、通常の使用量では局所的にしか効果を発揮しません。適切に使用する限り安全です。

Q:どんなボトックスを使っていますか?

A:ボトックスビスタ®は、米アラガン社が日本で販売しているA型ボツリヌス菌毒素製剤の商品名であり、当院ではこのボトックスビスタ®を使用しています。ボツリヌス菌毒素製剤には、ボトックスの他、英国のディスポートや、韓国のニューロノックス、中国のBTXAがありますが、いずれもボトックスとは異なります。ボトックスビスタのみが、シワ治療のために唯一日本で承認され、その安全性が証明され、世界でもっとも広く使用されているボツリヌス菌毒素製剤です。