レーザー治療機器

レーザー治療機器

therapy

炭酸ガスレーザー・フラクショナルレーザー(コア2)

炭酸ガス(CO2)レーザー 炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを発振物質としたもので、10600nmの波長をもち、水に吸収されやすい性質を持っています。皮膚に照射すると、皮膚組織内の水分に吸収されて熱を生じ、一瞬のうちに組織を気化蒸散させてしまいます。また、スキャナ付きの器械では、あらかじめ設定された大きさ、形状で均一の深さに照射して組織を蒸散することができます。これをレーザーアブレージョンといいます。 当院では、組織にダメージを与えにくいスーパーパルス機能付きレーザーLESAC CO2-25とスキャナ付きフラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア2)を使用しています。

主な治療対象・適応疾患

色素性母斑(ほくろ)
尋常性疣贅(イボ)
脂漏性角化症
皮膚軟性線維腫・スキンタッグ
稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)、
汗管腫(かんかんしゅ)
脂腺増殖症
眼瞼黄色腫
難治性の鶏眼(ウオノメ)・胼胝(タコ)、

  ※フラクショナルモードでは下記の疾患にも効果があります。

ニキビ跡(クレーター状の陥凹)
毛穴の開き・凹凸
皮膚のシワ
肌のハリ
妊娠線
瘢痕

スキャナ付きフラクショナル炭酸ガスレーザーです。コンピューターに制御された、“フラクショナルモード”と“スキャナーモード”の2つの機能を合わせ持っています。

1)フラクショナルモードは、ニキビ跡(クレーター状の陥凹)、毛穴の開き・凹凸、皮膚のシワ、肌のハリ、妊娠線、瘢痕の改善に効果があります。 フラクショナルとは「断片の、端数の、わずかの」という意味で、レーザーでほんの少しだけ皮膚に穴を開け、治癒によって肌を再生させる治療です。ちょうど生け花の剣山を皮膚に押し当てて穴をあけたイメージです。

面状に皮膚を浅く蒸散させた場合は、皮膚は傷を残さずに上皮化(皮膚が修復されること)されます。しかし、面状に皮膚を深く蒸散させた場合、皮膚は周囲の損傷していない部分から上皮化し、瘢痕を残すことになります。フラクショナル状に皮膚を蒸散させた場合は、小さく点状の蒸散させた部分は、深くても周囲の正常皮膚から早期に瘢痕を残すことなく治癒するわけです。フラクショナルレーザーでの治療では深部まで熱作用を生じさせて、皮膚を傷を残すことなく入れ替えることができるわけです。

フラクショナル炭酸ガスレーザーのCORE2では図の様に4通りのフラクショナルモードがあり、パターンにより様々な治療に使い分けができます。

上図の左端の照射です。大きさ、密度を自由に変えることができます。目じりの小じわ、フェースアップに使います。

2)スキャナーモードは、皮膚を均一にけずることが可能です。通常の炭酸ガスレーザーは手元で調整して削るので、正確に均一に削ることができません。均一に削ることで傷の治りを早くして、傷痕の残りを最小限にすることができます。削る深さも自在の調節できます。
色素性母斑(ほくろ)、尋常性疣贅(イボ)、脂漏性角化症、稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)、汗管腫(かんかんしゅ)脂腺増殖症、眼瞼黄色腫、難治性の鶏眼(ウオノメ)・胼胝(タコ)の治療に使います。

 

このように、形、大きさ、深さを自由に変えることができます。

治療例:スーパーパルス機能付きレーザーLESAC CO2-25

従来型の炭酸ガスレーザーです。スーパーパルス機能付きで周囲組織のダメージを最小限に治療できます。表面から触れるホクロ、皮膚軟性線維腫、ドーム状の突出してイボの治療に適しています。

治療例:フラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア2)