レーザー治療機器

レーザー治療機器

therapy

VビームⅡ

VビームⅡから出る波長595nm(ナノメートル)のレーザー光は、血液中の酸化ヘモグロビンに選択的に吸収され、血管内壁が熱破壊されて血管を閉塞させます。これにより血管の異常による病気を治療することができます。

レーザーの熱から表面の皮膚を守るのが内蔵のダイナミッククーリングディバイス(DCD)という冷却装置です。レーザー照射の直前に冷却ガスを皮膚表面に吹き付けて、その次の照射されるレーザーの熱から表皮を守ります。このDCDにより安全に治療することが可能となっています。

DCDによる冷却のイメージ

主な治療対象・適応疾患

  • 赤ら顔
    酒さ
    毛細血管拡張症
    下肢の静脈の拡張
    血管腫
      単純性血管腫
      いちご状血管腫
      蛇行性血管腫
      サーモンパッチ・正中部母斑
    静脈湖(口唇の静脈の拡張)
    老人性血管腫
    赤いニキビ跡
    肥厚性瘢痕・ケロイド
    皮膚の若返り(リジュビネーション)、顔の小じわ
    フェースアップ

.※単純性血管腫、いちご状血管腫、毛細血管拡張症の治療には健康保険が使えます。治療の間隔は3ヶ月以上となります。

症例写真(当院症例)

♦鼻の毛細血管拡張症

♦頬部の蜘蛛の巣状の血管拡張症
♦頬部の蛇行状の血管拡張症 ♦背部の血管拡張症 ♦額の正中部母斑(サーモンパッチ)

♦ニキビ痕(治ったあとの赤み)

費用VビームⅡによるレーザー治療は単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症に限り保険適応となります。保険診療ではおよそ4ヵ月に1回の照射となります。
そのほかの疾患(ニキビ跡など)では、自費診療です。費用は範囲で異なりますので、初診時にお見積りいたしますが、おおよそ¥10,800円~¥32,400円となります。

単純性血管腫・苺状血管腫・毛細血管拡張症の治療費用

大きさ(直径) 価格(税込み)
10㎠未満 2,170点
(保険診療自己負担分 ¥6,510)

注) 照射面積が10平方センチメートルを超えた場合は、10平方センチメートル又は その端数を増すごとに所定点数に500点(自己負担分¥1,500)を加算します。ただし、8,500点(自己負担分¥25,500)の加算が限度となります。

例)

大きさ(直径 価格(税込み)
50㎠ 4,170点
(保険診療自己負担分 ¥12,510)
100㎠  6,670点
(保険診療自己負担分 ¥20,010)
180㎠以上 8,170点
(保険診療自己負担分 ¥32,010)

V ビームレーザー治療の流れ・ 診断

血流や血管の太さ,深さなど症状をチェックして、レーザー治療が可能かどうかを診断します。*血管腫のレーザー治療は症状を改善させるものであって完全になくなるものではありません。

治療前の注意

日焼けで肌の色が濃くなっている場合は、レーザーが皮膚のメラニンに吸収されて、その下の血管まで届かなくなります。また、照射後に色素沈着がおこる場合があります。※日焼けをして肌の色が濃くなっている場合は、色が薄くなるまでレーザー治療ができません。

 照射

レーザーを照射する際には「輪ゴムではじかれる」ような痛みがあります。麻酔は必要としませんが、お子様の場合は麻酔含有テープ(ペンレステープ)や麻酔クリーム(エムラークリーム)を使用して痛みを緩和します。照射部には炎症が起こり、赤くなります。紫斑がでることがあります。照射後はアイスパックで冷却し、炎症を抑えるステロイド外用剤を処方いたします。

治療後のケア

当日やシャワー浴が可能ですが、熱いお湯や強く治療部位をこすることは避けてください。バスタブにつかって体が温まると、炎症がすすみヒリヒリ感が強くなります。入浴はレーザー照射の翌日から可能です。

治療後の注意

顔面の広範囲の照射では、照射翌日、翌々日からお顔が腫れることがありますが、3~7日でおさまります。
紫斑は7日~14日で消失します。照射後には赤みが続いたり、炎症後色素沈着が起きることがありますが、次第に消失します。