自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

老人性色素斑(日光黒子)

老人性色素斑(日光黒子)は早ければ30歳台で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところにでる濃い褐色の境界明瞭なシミです。紫外線に長期間暴露されたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し色素細胞(メラニン細胞)を活性化して過剰なメラニンを作らせます。今のシミは5~20年前に紫外線に当たった影響がでているわけです。

治療

老人性色素斑のシミの原因は、色素細胞(メラニン細胞)と表皮細胞の異常です。シミを取り去る根本的な治療は、紫外線で老化したこれらの異常細胞を破壊し、正常で健康な細胞に置き換えることが必要です。その方法としては、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー治療が最も効果的な治療方法です。
   Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーは1億分の1秒というきわめて短い時間で強力なエネルギーを発生するために、正常な表皮細胞、色素細胞(メラニン細胞)、真皮、血管、脂肪組織に影響を与えずに、メラニンを大量に持つ異常な表皮細胞とメラニンを過剰に生産する色素細胞(メラニン細胞)を選択的に熱破壊します。レーザーで破壊された部分には、正常な細胞が再生してきてシミのない正常な皮膚が出来上がります。

治療のながれ

①治療法を決定、費用を見積もります。
②レーザーが効くかどうか判断が難しいタイプのシミのみ、テスト照射を行います。通常は必要がないため省略します。
③レーザー本照射を行います。照射後の処置は3日間1日2回の軟膏塗布をする場合と、2週間創傷保護剤(ビジダーム)を貼付する場合があります。
シミは痴皮(かさぶた)を形成し照射後7~14日ほどで脱落します。強い出力で照射した場合、痴皮がなくなりピンクの肌が露出する事があります。
④その後は、炎症後色素沈着(後述)が出現することが多いため、美白剤(ハイドロキノンとトレチノイン)を外用します。一部色素の残りがあれば、再度照射します(※通常無料です)。

治療例

下の写真は、30歳半ばの女性で当院でレーザー治療を行った方の治療経過です。レーザー照射と美白剤での治療を行い、3ヶ月でシミは消失しました。

料金 (シミのレーザー治療は保険適応外です) (税込み)

シミ治療

※初診時に初診料¥3,240が別途かかります。
※レーザー照射はシミの大きさによって、ミリメートル単位で価格を算定します。
※テスト照射の結果、美白剤のみでの治療となる場合は、面積などによって治療費が異なりますので、ご相談ください。

よくある質問

Q:レーザー照射が、シミ以外の部位に影響を与えることがありますか?

A:治療に使用するレーザーの届く深さは、皮膚の表面からせいぜい3-5mmの真皮層までです。皮膚に照射したレーザーが照射部位周辺の皮膚や照射部の皮下脂肪組織、血管などに影響することはありません。当然、遠く離れた内臓などに影響を及ぼすことも一切ありません。しかし、レーザーはメラニンに反応することから、眼を保護する必要があります。眼の網膜にはメラニンが含まれているからです。そのために、レーザー治療中は、特別なゴーグルを着用して眼を保護します。

Q:レーザー治療後は、絆創膏・テープで保護する必要がありますか?

A:レーザーはシミの本体である異常角化細胞とメラニン細胞を熱破壊し、皮膚に軽い火傷に似た状態をつくります。照射部はその後痂皮(かさぶた)になり、痂皮が剥がれて、下からシミのないきれいな肌が再生します。痂皮が取れるまでの10日間ほどは外部の刺激から皮膚を保護する目的で肌色のテープをはります。しかしながら、テープをはるのは「日常生活の上で目立って困る」という場合、レーザー専用のコンシーラー(スポッツカバー ¥2,160税込、資生堂)を使用いただくことで治療部をきれいにカバーすることができます。
※シミの直径4mm以下ですと、皮膚の修復が早いためテープは使用せず、コンシーラーのみを使用します。
※スポッツカバーは当院で取り扱っています。

【スポッツカバー使用手順】

  1. スポッツカバーをシミが隠れる程度塗ります。
  2. スポッツカバーだけだと色が濃いので、その上からお使いのファンデーションを使用してください。
  3. ファンデーションを落とす時はシミを擦らないように、クレンジング剤(できればオイル)を十分使ってやさしく落としてださい。

Q:フォトフェーシャルとの違いは?

A:老人性色素斑の治療では、紫外線で老化して異常となった表皮細胞と色素細胞を熱破壊することが再発を防ぐ最も重要なポイントです。これには、高出力のパワーをきわめて短時間で照射する必要があり、単一波長の”レーザー”光線を使用して初めて可能となります。フォトフェーシャルは一部の波長の光を遮断しながらも、たくさんの波長ももった”光”を使用するので、表皮の深いところにある根本の細胞(表皮基底細胞)の熱破壊までには至りません(破壊するまでパワーをあげると、正常皮膚も含めて火傷を起こします)。一時的にメラニンを過剰に持った表皮細胞にダメージを与え、メラニンの皮膚からの排出を促しますが、異常細胞が破壊されていないので一定期間後に再発します。