自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

更新日:2018.8.8/公開日:2017.3.7
このコンテンツは山手皮フ科クリニック 院長 豊福一朋が100%オリジナルで書いています。

静脈湖(じょうみゃくこ)(venous lake)

下くちびるに黒いできものができて、皮膚科にいくと「静脈湖じょうみゃくこ)」という血管腫と診断されます。
治療のために大学病院の皮膚科や形成外科に紹介されますが、そこでは「わずかに傷が残りますが、メスで手術しましょう。」となることが多いようです。
あなたが「わずかな傷といっても下くちびるに垂直方向に残るのはいかがなものか」と心配されているのであれば、山手皮フ科クリニックにいらっしゃいませんか。
レーザーをつかってほとんど目立たない傷で治療できると思います。

口唇(くちびる)の静脈性の血管腫を静脈湖といいます。
静脈湖をメスで切除するのは大変です。
手術創が赤唇部(赤いくちびる)を超えるので口唇
に直線状の傷を残すこととなります。
静脈湖はロングパルスYAG(ヤグ)レーザーを使って、簡単に傷をほとんど残さずに治療できます。
当院では米国CUTERA(キュテラ)社のクールグライドを使って治療します。
クールグライドには治療部先端に冷却装置がついてお
り、数秒間治療部位を冷却してレーザーの熱エネルギーから口唇を保護します。
照射
は一瞬で終了します。
 

治療例

来院時 

終了時

症例説明:30歳台女性です。下口唇の黒い腫瘤の治療目的で来院されました。拡大鏡検査にて静脈湖の診断です。診療当日に治療を希望され、レーザー照射を1回おこないました。
治療後1か月目の写真では治療部にわずかな瘢痕がみられます。これは1年程度の時間をかけて消失していきます。
治療回数1回、来院回数2回(初診時、1カ月後)。治療のかかった費用:初診料\3,240、レーザー照射\16,200、軟膏\150 

治療時間 1分以内(一瞬)
治療回数  1回
治療後の通院  治療4週間後
治療できない方 
 ケロイド体質の方
医師が治療不可能と判断した方
治療に際しての注
・麻酔は必要ありません
・食事は直後より支障なく可能です
・治療部位にテープは貼りません
・治療部位には消炎のためにステロイド外用剤を処方します
・治療後は抗生剤と鎮痛剤を処方します
・傷は1~2週間で治ります
・照射部位は血管病変が消えたのち、微小な瘢痕が残る場合があります。
・稀に治療部位に小さく再発することがあります。この場合再度治療が必要です。照射料金は不要です。

治療のながれ

診療にさいして予約は必要ありません。
静脈の拡張でなく、(赤い)血管腫の場合はVビームⅡをつかった保険治療となりますので、健康保険証をご持参ください。
ご希望があれば当日の治療が可能です。
治療は数分ですが、レーザー機器がほかで使用中の場合、レーザー室が使用中の場合はお待ちいただくこととなります。
治療後は1か月後に経過観察をおこないます。遠方で経過観察のために来院が難しい場合はご相談ください。

費用

大きさ(直径) 価格(税込み)
3mm未満 12,960円
3mm以上5mm未満 16,200円
5mm以上7mm未満 21,600円
7mm以上 27,000円

初診料金3,240円、再診料1,080円が別途必要となります。
抗生剤、痛み止め、消毒液、抗生剤軟膏は別途実費(1,0801,620円)。