新宿区高田馬場の山手皮膚科クリニック。皮膚疾患・美容医療に対応しています。

お問い合せ
よくあるご質問

予約は自費診療のみ行っております。保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

お電話でのご予約・お問い合せ

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:30 土 9:00-14:50 [ 水日祝休 ]

MENU

お問い合せ

脱毛WEB予約

予約は自費診療のみ行っております。
保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

診療のお問い合わせ、自費診療・カウンセリングのご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:30
土 9:00-14:50 [ 水日祝休 ]

サイトマップ

自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

レーザー脱毛料金:女性

通常料金
平日割料金

レーザー脱毛料金:男性

通常料金
平日割料金

脱毛に関するお問い合わせ・ご予約は今すぐこちらから

0353327680
初診予約
再診予約・お問い合わせ

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛のメカニズム

毛に含まれるメラニンのみに作用するレーザー波を照射することで、皮膚を傷めることなく、毛根のみを破壊し半永久的に脱毛します。
レーザー脱毛は2~3か月おきに行い、通常5回程度()の治療で全体の脱毛が完了します。
※終了回数は、毛の太さ、皮膚の色の違いにより、個人差があり、6回以上の照射が必要なこともあります。

医療レーザー脱毛の機序

脱毛に使うレーザー機器

アレキサンドライトレーザー

レーザー波にはいろいろな波長があります。
脱毛にもっともよく使用されるのは波長が755ナノメートルアレキサンドライトレーザーです。
アレキサンドライトレーザーはシミ・ソバカスの治療の使われるレーザーです。
シミ・ソバカスの治療にはルビーレーザーとアレキサンドライトレーザーが有名ですが、波長694ナノメートルのルビーレーザーは皮下1.0mmまでしか届かず、脱毛には向いていません。
波長が755ナノメートルアレキサンドライトレーザーは皮下約1.8mmまで届き、高い効率で永久脱毛をおこないます。
山手皮フ科クリニックで使用しているレーザーは日本国内承認機器であるシネロン・キャンデラ社製のジェントルレース・プロとジェントルマックス・プロです。
この2つの機器は、脱毛器として日本でもっとも多く使用されています。

ジェントルレーズ・プロ

ジェントルレース・プロ

ジェントルマックス・プロはYAG(ヤグ)レーザーを装着しています

ジェントルマックス・プロは波長755ナノメートルのアレキサンドライトレーザーに加えて、波長1064ナノメートルのYAG(ヤグ)レーザーが装備されています。アレキサンドライトレーザー波が届かない深いところの毛、なかなか脱毛できない毛に対し効果があります。

ジェントルマックス・プロ

アレキサンドライトレーザーとYAG(ヤグ)レーザーの効果の違い

シネロン・キャンデラ社レーザーの優れたクーリングシステム(冷却装置)です

シネロン・キャンデラ社のレーザーの優れている点は、クーリングシステム(冷却装置)です。
レーザー照射前に冷却ガスで皮膚表面を冷やして保護して、20ミリ秒(1ミリ秒は1/1000秒)という短い間隔おいて、レーザーを照射して毛根部を破壊します。
この冷却装置が安全で効果が高い脱毛を可能としています。

熱傷を防ぎ高い効果をだす冷却システム

アレキサンドライトレーザーに加えて、なぜYAG(ヤグ)レーザーが必要なのか?

アレキサンドライトレーザーは脱毛にもっとも適したレーザーです。
ほとんどの方はアレキサンドライトレーザーのみで、永久脱毛が完成して文字通り「つるつるの肌」になります。
しかし、少数の方にはそうならない、なれない方がいらっしゃいます。
それは、1)なぜがアレキサンドライトレーザーの効果が悪い方、2)もともと肌の色の濃い方、3)日焼けした方です。3)はいかなるレーザー脱毛も避けるべきで、日焼けがなくなるまで待っていただきます。
しかし、1)や2)の方はどうにかする必要があります。
1)ではアレキサンドライトレーザーが届かない深い層に毛根部がある可能性があります。
そのときがYAG(ヤグ)レーザーの出番です。
YAG(ヤグ)レーザーの1064nmの波長は深部まで届くので、かない深い層の毛根部も熱破壊することができるのです。
山手皮フ科クリニックではそのような場合にも脱毛が可能になるようYAG(ヤグ)レーザーがあるのです。

アレキサンドライトレーザーとYAG(ヤグ)レーザーの比較

  アレキサンドライトレーザー YAG(ヤグ)レーザー
波長 755nm 1064nm
届く深さ 皮下1.8mm 皮下4.0mm
毛のメラニンへの吸収度 非常に高い 高い
使い方 初回から使用

どうしても減らない毛に使用

色黒の人に使用

メリット/利点

脱毛効率が非常に高い

痛みが少ない

深いところの毛の脱毛も可能

色黒の人、わずかな日焼けでも可能

デメリット/欠点

少しでも日焼けした肌に使えない

色黒の人には適さない

深いところの毛は脱毛できない

脱毛時痛い

初回の脱毛には向かない

医療レーザー脱毛とエステの脱毛の違い

医療脱毛とエステ脱毛(美容脱毛)を比較したとき、大きく違う1番のポイントは脱毛の効果です。
医療脱毛もエステ脱毛もレーザーや光を毛根に照射するという事には変わりはありませんが、照射できる出力の強さが異なるため、効果にも格段に差がでます。

脱毛効果

クリニック等で行う医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザーを用いて、毛の根本の毛を産生する細胞(毛母細胞)が集まった毛根を熱破壊するものです。
毛根を熱破壊は医療行為に当たるため、レーザー脱毛は医療機関でしか行えません。
レーザーは周囲組織にダメージを与えることなく、毛のみを選択的に安全に破壊するので、最終的には永久脱毛となります。
一方、エステでの脱毛は光脱毛器を用いて行われます。
光では毛を産生する細胞(毛母細胞)を破壊するにダメージほどの強いパワーを出すことができません。
光脱毛器で効果を上げようとすると、皮膚表面に熱傷がおこることが多く、エステ脱毛後のトラブルで皮膚科を受診されるかたで、もっとも多いのは熱傷です。
光脱毛では、一部の毛根は破壊されるので、全体の毛の量は減っていきます。
とくに色の濃くて、太い毛には効果があるようです。
最終的に光脱毛には限界があり、ある程度脱毛がすすんでいくと、光脱毛器では反応しない毛が残ります。
また、色素の少ない毛やうぶ毛には反応しません。
医療脱毛とエステ脱毛(美容脱毛)を比較したとき、大きく違う1番のポイントは脱毛の効果です。
医療脱毛もエステ脱毛もレーザーや光を毛根に照射するという事には変わりはありませんが、照射できる出力の強さが異なるため、効果にも格段に差がでます。

医療脱毛のメリットは「時間」

医療脱毛にメリットをひと言で言うと「時間の節約」だと思います。
2番目は「つるつるの肌」が得られる、3番目は「安全性」でしょう。
医療レーザー脱毛とエステ脱毛(美容脱毛)では期間が異なります。
エステ脱毛の光脱毛では12回~18回の光照射をおこないます。
全身だと約2年~5年程かかるとされています。
最終的に脱毛が終了しても色の薄い毛とうぶ毛はかならず残ります。
医療レーザー脱毛は5回程度で終了します。
レーザーは色の薄い毛やうぶ毛も完全に脱毛し、「つるつるの肌」となります。

  医療レーザー脱毛 エステの光脱毛
使用機材 厚生労働省日本国内承認機器のレーザー 未承認の光脱毛
脱毛機序 毛根を完全熱破壊 一部の毛根を不完全破壊
脱毛効果 永久脱毛 完全には脱毛できない
全身脱毛の回数/期間 5回程度/約1年 12~18回/2~5年
安全性 医師の管理下で安全性高い 低い(熱傷の可能性)
施術者 看護師 エステシャン・無資格者
脱毛の安全性

エステには看護師はいません。エステシャンがおこなうか、エステの経験もないまったくの無資格者がおこなっているようです。
肌の専門知識を持っていないので、肌トラブルが起きた際には見過ごされたり、対応されないことがあります。
当院では、ときどきエステでの脱毛で熱傷ができたかたや、熱傷後に脱毛部位に広範囲に色素沈着がおこったかたがいらっしゃいます。
脱毛は毛根を熱破壊する行為ですので、安全といわれているレーザー機器でも、まれに毛嚢炎や炎症後の色素沈着がおこります。
クリニックでは医師と看護師が脱毛効果を上げつつ、起こりえるトラブルを避けるのにひとりひとり違う肌の色な状況をチェックしています。
しかし、それでも少ないですがトラブルはおこります。
そのような場合は迅速に、ステロイド剤の外用や炎症後の色素沈着を防ぐ内服剤の処方をおこなっています。

硬毛化について

硬毛化とは?

硬毛化とは、脱毛した毛が脱毛前よりも濃く太くなる見える状態です。
2つのパターンがあります。
毛の数が増えるのではなく、もともと毛が生えいなかった毛包が活性化され、新しく毛が生えるようになってしまった状況といえます。
1) 毛が太くなり、数が増えて見えるようになった。
2) ふだん毛が産生されていない“眠っていた毛包”が活性化して毛がはえるようになった。
1)のケースが多く、2)も少ないですが起こりえます。
症状に気づくのは、脱毛後から1ヶ月~3ヶ月程経過した後です。

硬毛化の原因

硬毛化の明確な原因はいまのところ不明ですが、経験的にレーザーの出力の少ないのではないかといわれています。
弱い出力で繰り返し脱毛をおこなっていると、本来脱毛を目的としたレーザーのエネルギーが毛根部を破壊するのに十分でなく、エネルギーは逆に毛根部を刺激して、毛の産生を促している可能性があります。

硬毛化しやすい部位

下顎、うなじ、背中二の腕(上腕)、肩甲、腰部、臀部に見られます。
ほか、皮膚の直下に骨があたる場所にも見れらます。

硬毛化の起こりやすい部位

硬毛化しやすい傾向にある人
  • 20~30歳代
  • 色白
  • うぶ気が多い
  • 毛の量が多い
  • 毛穴が開きぎみ
  • ピルの内服している
硬毛化対策

硬毛化を防ぐには、最初から弱すぎる出力で脱毛をおこなわないことが大切です。
しかし、高い出力で脱毛をおこなうと熱傷の危険性があります。
肌の色、日焼けの程度、毛の量や太さなどをよく観察して弱すぎず、熱傷をつくらないような脱毛に必要な十分な出力を調整するには経験と技術が必要です。
医師と施術をおこなうナースは熱傷や硬毛化を防ぎ、安全な脱毛に心がけています。

脱毛の基本方針

1.医師が責任を持って診察します

皮膚科専門医が肌の状態を診察し、脱毛計画を立てます。 万が一、レーザー脱毛後に皮膚トラブルが起こっても、迅速・的確に対応いたします。

2.安全なレーザー機器を使用します

厚生労働省の日本国内承認の医療レーザー脱毛機器を使用しています。
※シネロン・キャンデラ社製のジェントルレース・プロとジェントルマックス・プロを使用しています。

3.疼痛の軽減をはかります

クリニックで使用するレーザー脱毛機器は優れた冷却装置を持ち、疼痛を緩和し最小限にします。
また、強力な表面麻酔剤を使用することも可能です。

4.女性の看護師が施術を行います

施術に関しては、経験豊富な女性看護師が担当しますので、安心して治療が受けられます。

5.看護師による初回説明は無料で行います

初回は女性看護師がレーザー脱毛の仕組み、効果、レーザー脱毛後のケアのしかた、日常生活上の注意点をご説明いたします。 看護師による初回説明は無料です。
※医師によるカウンセリングをご希望の方は別途3,240円いただきます。

6.初回来院日から照射可能です

あらかじめご予約が必要ですが、初回来院日から照射が可能です。

レーザー治療の流れ

1.看護師による初回説明

女性看護師がレーザー脱毛の仕組み、効果、レーザー脱毛後のケアのしかた、日常生活上の注意点をご説明します。
※医師によるカウンセリングをご希望の方は別途3,240いただきます。

2.医師による診察と治療計画

医師が、脱毛を希望される部位の肌の状態を診察します。 体毛の太さ、色、密度、範囲、日焼け・色素沈着の有無、ほくろの位置を確認し、治療計画を立てます。

3.テスト照射(※)

肌のコンディションの状態がよくなかったり、照射部位の色素沈着がある場合には安全な照射出力を決定するために数ショットのみのテスト照射を行います。
※肌の状態に問題なければ省略します。

4.本照射

脱毛効率を上げるため、当院では照射後の冷却は行いません。炎症止めの軟膏をお出ししますので翌日になっても赤みが消えない場合は軟膏塗布していただきます。

 

●注意いただきたい点
  1. すべて予約制です。事前に窓口あるいはお電話でご予約ください。
  2. 初回の方はネットからでもお申込みいただけます。
  3. 予約当日にご自宅で脱毛部位の剃毛をおこなった状態でご来院ください。クリニック内での剃毛行為はお断りしております。
    剃り残しがあるなど看護師が剃毛する場合は1部位につき、¥2,160いただきます。
  4. 前日または当日キャンセルは、予約内容に応じて20~50%のキャンセル料金が発生いたします。メールでのキャンセルは受け付けておりません。
    当日キャンセル:50%
    前日キャンセル:20%(前日が水曜・日曜で休診日の場合は前々日)
  5. 予約時間を過ぎてのご来院は、次の方のご迷惑になるので施術をお断りすることがあります。 この場合も当日キャンセル料金が発生いたします。
  6. 脱毛後の炎症予防に、弱いステロイド外用剤を処方いたします。
    1本(5g)で¥150です。

レーザー脱毛料金:女性

通常料金
平日割料金

レーザー脱毛料金:男性

通常料金
平日割料金

脱毛に関するお問い合わせ・ご予約は今すぐこちらから

0353327680
初診予約
再診予約・お問い合わせ

レーザー脱毛Q&A

Q レーザー脱毛は痛くないですか?

A 当院で使用するレーザーは、世界で最も技術力が高い米国キャンデラ社製です。 照射毎に冷却ガスを皮膚の表面に噴射し冷却保護します。
よって、他のレーザー脱毛機器に比べ、痛みは最小で、ほとんど痛みはありません。
痛みは輪ゴムで弾いたような感覚です。
※ただし、毛の密度、太さなどの違いで個人差があります。

Q どのくらいで結果がでますか?

A 2~3ヶ月程間隔をあけ、6-8回のレーザー照射が必要で、1年から1年半程度の期間を要します。
※個人差があります。

Q 全身的な影響はありませんか?

A レーザーの光は可視光線の波長の一部(755nm)を増幅したもので、皮膚では表面からわずか2-3mmの深さにしか到達しません。
よって全身への影響は全くありません。
もちろん皮膚自体への悪影響もありません。

Q 来院前に気をつけることはありますか?

A 注意していただきたいことが3点あります。
・照射部位は予約当日の朝にご自宅でうぶ毛も含めて剃り残しがないようしっかり剃毛してきてください。
剃り残しがあると、痛みが強くなったり、やけどの原因になります。
また、脱毛効果が落ちる場合もあります。
・ボディークリーム、制汗剤はやけどの原因になりますので肌には何もつけないでお越しください。
・日焼けはやけどの原因になりますのでお控えください。

Q また生えることはありませんか?

A レーザー照射は毛根を熱で壊すので、一度脱毛された毛は永久に生えることはありません。しかし、毛の中にはもともと高熱に強い細胞を持つものがごくわずか(数%)あり、これらはレーザーがつくる熱から生き残ることがあります。このような毛があるので一部の毛が「また生えてくる」と感じられます。このような毛に対してはレーザーの出力を上げたり、クールグライドという別のレーザーを使い対応します。

Q 妊娠中は脱毛できますか?

A レーザー脱毛機は高電圧で磁場を発生するので、妊娠中はご遠慮いただいております。出産後よりレーザー脱毛は可能となります。

Q 学割料金はありますか?

A 学割料金はありませんが、全ての方を対象とした平日割料金を設定しており、平日の脱毛は割引となります。平日割は平日のみの適応となりますので、土曜日に来院された場合は通常料金が発生いたします。また、平日割との差額でのお支払いには対応しておりません。

女性:医療レーザー脱毛(平日割料金)
男性:医療レーザー脱毛(平日割料金)

レーザー脱毛料金:女性

通常料金
平日割料金

レーザー脱毛料金:男性

通常料金
平日割料金

脱毛に関するお問い合わせ・ご予約は今すぐこちらから

0353327680
初診予約
再診予約・お問い合わせ

 

ご予約・お問い合せはこちらから

お問い合せ

予約は自費診療のみ行っております。
保険診療予約は不要です。直接ご来院下さい。

診療のお問い合わせ、自費診療・カウンセリングのご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680

月-金 10:00-18:30
土 9:00-14:50 [ 水日祝休 ]

診療受付時間
10:00-12:50 -*
15:00~18:30 --
診療受付時間
10:00-12:50 / 15:00-18:30 *土曜日は9:00-14:50のみ
休診日
水・日・祝

Access
アクセス

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-2-5 フレンドビル3F

アクセス
JR山手線、東京メトロ「高田馬場駅」徒歩1分

各種クレジットカードをご利用いただけます

※クレジットカード支払いは
自費診療5,400円以上でのお取り扱いとなります。

各種クレジットカード

お電話でのご予約・お問い合せ tel:03-5332-7680 月-金:10:00-18:30 / 土:9:00-14:50 [水日祝休]

ページの先頭へ戻る