保険診療のご案内

保険診療のご案内

therapy

伝染性軟属腫(みずいぼ)

伝染性軟属腫(みずいぼ)とは

伝染性軟属腫(みずいぼ)は伝染性軟属腫ウイルスによる感染でおこります。
ウイルスは皮膚どうしが直接接触することで感染していきます。また、プールで使用するビート板やタオルなどを介した間接的な接触でも感染でもおこることがあります。
小児に多く、おもに体幹、四肢、間擦部にみられます。ウイルスが皮膚に感染して伝染性軟属腫(みずいぼ)の形をなすまでには14~50日程度かかるとされています。

稀に成人でもおこることがあります。成人では最初、伝染性軟属腫(みずいぼ)とわからずにイボやニキビと間違えられて治療されていることがあります。

形は直径2~5mmほどの丘疹で表面は平滑で光沢があります。押しつぶすと白色の物質がでてきます。
かゆみがある場合は、かきむしることによって広がっていきます(自己接種)。特にアトピー性皮膚炎があると皮膚のバリア機能が低下しているため、ウイルスが皮膚の小さな傷に感染して多発しやすい傾向にあります。

治療しなくても6~9ヵ月で自然に治っていくことが多いのですが、いつ治るかは個人差が大きく予測困難です。治るまでに1年以上かかることもあります。 治療するかどうかは皮膚科医のあいだでも意見がわかれていて治療不要との意見もあります。しかし、いつ治るかわからない、治るまでに長期間かかる、放置すると数が増える、他人にも感染させる、プールへ入れないなどといった問題があります。

 

多発している伝染性軟属腫(みずいぼ)

治療

1)ピンセットで摘除(てきじょ)

保険適用でおこなえる治療法で一般的です。専用のピンセットで伝染性軟属腫(みずいぼ)を摘み取ってしまいます。確実に摘除できますが、痛みを伴うのが欠点です。 痛みをなくすためにはリドカインテープ(ぺンレステープ)を使用します。来院1~2時間前に貼付してもらうと、摘み取るときに痛みがなくなります。

2)液体窒素による冷凍凝固

液体窒素による冷凍凝固も有効ですが、治療後に色素沈着がおこります。まれに瘢痕になることがあります。
※当院ではおこなっておりません。

3)局所薬物療法

イソジン外用法
クリニック受診後に自宅でできる治療法です。治癒までに時間がかかりますが、摘み取る痛みがなく頻回に通院しなくてよいのが利点です。
ベビー綿棒にイソジン液をつけて、伝染性軟属腫(みずいぼ)に塗布して乾燥させます。ヘアドライヤーの冷風を使って乾燥させると治療時間が短縮できます。この塗布→乾燥→塗布を5~6回繰り返します。露出部皮膚の治療ではイソジン液の色が目立つので通園・通学時はハイポエタノールで色を落とします。

 

ベビー綿棒を使って伝染性軟属腫(みずいぼ)にイソジン液を塗布します。
ドライヤーの冷風で乾燥させます。その後、再びイソジン液を塗布します。イソジン液塗布→冷風で乾燥→イソジン液塗布を5~6回繰り返します。
イソジン液の色はハイポエタノールで落ちます。

※治療はクリニックを受診の上、医師の指導のもとにおこなってください。

このほか、硝酸銀液、サリチル酸(スピール膏など)、グルタールアルデヒド、グリコール酸、モノクロル酢酸、ポドフィリン、イミキモド、活性型ビタミンD3軟膏、ビダラビン軟膏などの塗布がありますが、すべて保険適応外の治療です。

4)内服治療

疣贅(いぼ)の治療に使うヨクイニンを内服します。

生活上の注意

伝染性軟属腫(みずいぼ)の予防法は、ドライスキンやアトピー性皮膚炎のようなバリア機能が破たんしている状態をできるだけ改善しておくことです。保湿剤、ステロイド外用剤によりドライスキンやアトピー性皮膚炎を治療して皮膚のバリア機能を回復させ、ウイルスの感染と拡大を防ぎます。 プールでは消毒剤の塩素で皮膚表面の皮脂が洗い流されて乾燥し、皮膚のバリア機能が低下することで伝染性軟属腫(みずいぼ)のウイルスに感染しやすくなるため、プール後の保湿が大切です。 兄弟・姉妹に伝染性軟属腫(みずいぼ)ができた場合は、皮膚どうしが直接接触しないよう別々に入浴し、タオルも別にします。 学校を休む必要はありません。 プールは禁止ではありませんが、他人への感染を防ぐために控えたほうがよいと思います。 日本小児皮膚科学会から皮膚の学校感染症とプールに関する統一見解がでていますのでご覧ください。