自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

更新日:2018.9.24/公開日:2017.9.24

このコンテンツは山手皮フ科クリニック 院長 豊福一朋が100%オリジナルで書いています。

男性更年期外来

男性更年期とは

男性更年期はLOH症候群といい、「加齢に伴う身体の変化により現れる諸症状」という意味です。
更年期障害の原因は性ホルモン(テストステロン)の低下でおこります。

男性更年期の症状

  • 性欲の減退を感じている。
  • 活力(エネルギー)不足を感じている。
  • 体力や持続力の低下をじている。
  • 身長が低くなった。
  • 生活の楽しみが少なくなったと感じている。
  • 悲しい気分や不機嫌になりがちだ。
  • 勃起力が弱くなった。
  • 最近運動をする能力が低下した。
  • 夕食後にうたた寝をすることがある。
  • 仕事をする能力が低下した。

などの症状がでます。 上の症状のうち3つ以上あてはまる方は男性更年期の可能性があります。 日本 Men’s Health 医学会の男性更年期・LOH症候群セルフチェックです。 「男性更年期・LOH症候群セルフチェック(クリックしてください)」です。各質問項目の該当する点数の合計から男性更年期の程度を知ることができます。

男性更年期の検査

午前11:00頃までに男性ホルモン(遊離テストステロン)の測定を行います。
基準値を下回っている場合は男性ホルモン補充療法を行います。

診療のながれ

予約

初診の方は事前にお電話にてご予約ください。
診断・治療は自費診療となります。健康保険の適応外です。

診察

診察では、血中ホルモン(遊離テストステロン)の値を調べるのに採血をいたします。

正確なホルモンの値をみるためには午前11時までに採血が必要です。 初診では10時30分までに受診ください。
再診の場合は朝の受診でなくても結構です。

治療

採血結果は1週間でわかります。
血中ホルモン(遊離テストステロン)が低下していれば治療を開始いたします。

治療費項目

内容 税込み価格
初診料金 ¥3,240
再診料金 ¥1,080
初診時血液検査※1 ¥10,800
再診時血液検査※2 ¥5,400

エナント酸テストステロン

(エナルモンデポー)※3

¥4,500

※1 初診での血液検査の内容は肝機能・腎機能・前立腺特異抗原(PSA)・テストステロン・フリーテストステロンです。
※2 再診での血液検査の内容は前立腺特異抗原(PSA)・フリーテストステロンです。
※1-2 採血の測定間隔は治療前、治療開始後2~4週後・3か月後・6か月後・12か月後・以降1年毎となります。
※3 3~4週おきの通院で男性ホルモン補充療法を行います。

治療費の例

1)初診時
\3,240(初診料)+\10,800(血液検査)=\14,040
2)2回目再診時
\1,080(再診料)+\4,500(注射薬剤)=\5,580
3)3回目以降再診時
\1,080(再診料)+\5,400(血液検査)\4,500(注射薬剤)=\10,980

治療ができない方

  • 前立腺がんの方
  • PSA(前立腺特異抗原)が2.0以上の方
  • 肝機能障害のある方
  • 睡眠時無呼吸症候群の方