自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

更新日:2018.9.24/公開日:2018.9.24

このコンテンツは山手皮フ科クリニック 院長 豊福一朋が100%オリジナルで書いています。

ED外来

当クリニックではED(Erectile Dysfunction:勃起不全)でお悩みの方に、ED外来を開設しています

薬の特徴

  作用時間 食事の影響
バイアグラ/シルデナフィル 30分~1時間くらいで効果が現れます。
3~4時間ほど効果が持続します。

食事後1時間以上あけて服用する必要があります。
レビトラ
(日本バイエル製薬)

15~30分くらいで効果が現れます。
3~4時間程度効果が持続します。

日常的な食事では特に影響ありません。
高脂肪食を食べた場合、効果が減少する事があります。

シアリス
(日本イーライリリー)
 

30分~1時間くらいで効果が現れます。
36時間程度効果が持続します。

食事後1時間以上あけて服用する必要があります。
高脂肪食の影響も受けません。

診療のながれ

事前のご予約、保険証は必要ありません。※診療時間をご確認のうえ、お越しください。

初診

診察は問診票にご記入いただくだけで、検査等はありません。服を脱いでいただくこともありません。
問診票(クリックしてください)」を印刷してご記入の上お持いただきますと診察にスムーズに運びます。

診察

診察では、問診票の記入とお薬の説明をいたします。お薬の処方は10錠以上でお願いしております

処方と会計

薬剤は院内処方です。会計後お薬をお渡しいたします。
VISA、MASTERカードでのお会計ができます。

薬剤費について

  容量 価格(税込み)
バイアグラ 50mg \1,650

シルデナフィル

(バイアグラの後発品)

50mg \1,200
レビトラ 10mg \1,800
20mg \2,000
シアリス 10mg \2,000
20mg \2,200

※薬剤は最低10錠からの処方となります。
初診時のみ初診料金\3,240が必要です。
再診料金は必要ありません。2回目以降の受診では薬剤費のみとなります。

ED治療薬をご使用になられる際の注意点

  • 診療は自費診療となります。健康保険は使えません。
  • ED治療薬は性的刺激による勃起を補助する薬なので、刺激がなければ特に平常時と変わりません。催淫剤ではありません。
  • 治療薬の血管拡張作用に起因する以下の副作用が見られます。
    よく起こる症状:ほてり、赤ら顔、頭痛、動悸、胸の痛み、めまい、鼻づまり
    時々見られる症状:消化不良、吐き気、口の中の乾き、彩視症(光が赤く見えたり、まぶしく見えたり、物が青く見える)
  • 服用は1日1回までです。また必ず24時間以上服用間隔を空けてご使用ください。

治療薬の使用禁忌について

バイアグラ・レビトラ・シアリスは次の方には使用できません

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 硝散剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を内服されている方
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
  • 脳梗塞、脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  • 重度の肝障害がある方
  • 低血圧(安静時収縮期血圧<9OmmHg)又は高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg又は安静時拡張期血圧>100mmHg)がある方
  • 不安定狭心症がある方
  • 網膜色素変性症の方

レビトラは次の方にも使用できません

  • 先天性の不整脈(QT延長症候群)がある方、キニジン、プロカインアシド、アミオダロン、ソタロールを内服されている方
  • アルファ(α)遮断薬(ドキサゾシン、テラゾシン、タムスロシン等)を内服されている方
  • 抗ウイルス薬(リトナビル、インジナビル、アタザナビル)を内服されている方
  • 抗真菌薬(ケトコナゾール,イトラコナゾール)を内服されている方