自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

下肢のクモの巣状血管拡張

波長1064nmのロングパルスヤグ(YAG)レーザーは赤血球の成分であるヘモグロビンには吸収されますが、メラニンや水には吸収が低く、血管腫や拡張した静脈の治療に使われます。今まで治療ができずにあきらめることが多かった腹部や下肢のクモの巣状の静脈瘤や血管拡張を治療することができます。
米国CUTERA(キュテラ)社のクールグライドは、先端部に接触式の冷却装置があり、治療部位を直接冷やしながら(コンタクトクーリングといいます)治療をおこないます。これにより従来のレーザーの高いパワーでの照射が可能となりました。

クールグライドの治療対象

  • 血管腫(とくに老人性血管腫)
  • 静脈湖
  • くもの巣状血管拡張
  • 静脈瘤
米国CUTERA(キュテラ)社クールグライド
クールグライドハンドピース(先端部)先端に冷却装置があり治療部位を直接冷却します。

レーザーの特性
レーザーの波長は特定の色に反応します。そのためシミの原因となるメラニンや、拡張した毛細血管や静脈のなかのヘモグロビン(赤血球)などを他の部位を傷つけずに破壊することができるのです。下のグラフはレーザーの特性を表しています。ヘモグロビンの赤い線の下にメラニン色素のオレンジ色の線が潜った部分では、レーザーの光はメラニンが豊富な皮膚表面に吸収されずに、血管の中のヘモグロビン(赤血球)に選択的に吸収されて異常な血管を破壊できます。
VビームⅡの波長595nmの色素(ダイ)レーザーとクールグライドの波長1064nmのヤグ(YAG)レーザーが血管異常の治療に使われるのはこの特性のためです。
ヘモグロビンの赤い線とメラニン色素のオレンジ色の線の間の幅が広いほど血管への選択性が高いので、クールグライドよりVビームⅡのほうが血管への選択性が高くなります。


下の図はレーザーがどのくらいの深さまで届くかを表しています。
レーザーの波長は長いほど皮膚の奥深くに到達します。クールグライドの波長1064nmのYAGレーザー(1064nm)は深いところまで届き、VビームⅡの色素(ダイ)レーザー(595nm)は浅いところまでしか届きません。
したがって、クールグライドは深いところの血管の治療を得意とし、VビームⅡは比較的浅いところの血管の治療を得意としています。

腹部、下肢のクモの巣状血管拡張や静脈瘤は深い場所の静脈の血管拡張ですから、クールグライドが治療に適しています。


波長 血管への選択性 深部への到達性 適応疾患
クールグライド 1064nm 老人性血管腫
静脈湖
下肢のクモの巣状血管拡張
静脈瘤
VビームⅡ 595nm 毛細毛管拡張症
赤ら顔
単純性血管腫

治療例

下肢静脈瘤

治療前
治療後

下腿静脈瘤

治療前
治療後

治療のながれ

1)ご予約

  • お電話にて「クールグライド」あるいは「(クモの巣状)血管拡張、静脈瘤治療」のカウンセリングを予約してください。診療は自費診療となります。初診料は¥3,240です。
  • カウンセリングにて治療方法の説明と費用のお見積りをします。
  • 当日の治療は狭い範囲の場合のみ可能です。
  • 広範囲な(クモの巣状)血管拡張、静脈瘤の治療を希望される場合は原則後日の治療となります。
  • 遠方からお越しの場合で治療を希望される方は、あらかじめ予約時にご相談ください。

2)レーザー照射のながれ

  • ご予約日にご来院いただき、クールグライドにて治療を行います。施術時間は30分~90分程です(照射範囲によって異なります)。
  • 照射後に冷却して、炎症をとめるステロイド外用剤、鎮痛剤を塗布します。
  • 治療は1回で終わることもあれば、2,3回繰り返すこともあります。

クールグライド費用

(クモの巣状)血管拡張、静脈瘤の範囲、密度、太さで費用が異なります。
診察時にお見積りいたします。