自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

サノレックス

サノレックスとは

サノレックス(製品名マジンドール)とは、厚生労働省が正式に認可した医療用の食欲抑制剤です。摂食中枢に直接作用して食欲を抑制し、少ない食事量で満腹感を得ることができ、空腹感をあまり感じません。ダイエット中食事の量を減らすと空腹感があり、これがつらく、いらいらの原因となります。サノレックスはこれを緩和します。また、サノレックスは新陳代謝も上げますので、痩せやすくなり、計画したダイエットが可能となります。

作用機序

人の食欲を左右するのは、脳内の視床下部にある食欲中枢(いわゆる満腹中枢)で、この中枢に作用し、以下の効果を発揮します。
1)空腹感を少なくし、少量で満腹感が得られることで食べる量を減らします。
2)消化吸収を抑えます。
3)体のブドウ糖の利用を促進します。
4)熱産生を促進します。
5)肥満時の代謝変動を改善します。

適応

1)ダイエットしたい方
2)食欲を抑えたい方
たとえば食習慣やダイエット中に出現する以下のような困りごとに効果があります。
・1回の食事量が多い
・食べ物のことばかり考えてしまう
・食欲にムラがあり、ときどきドカ食いしてしまう
・昼食から夕食まで、空腹で我慢できず、間食してしまう
・夕食後に夜食が必要

服用方法

最初の1か月間は1日1回昼食前に服用します。時に空腹時の服用で気分が悪くなることがありますが、その場合は昼食後に変更してください。また、夕方以後の服用は不眠の原因となります。
1カ月以上続けても効果のない場合は、1日2回1錠ずつ3カ月間の服用に変更しますが、それでも効果がみられない場合は中止となります。

処方できない方

1)緑内障がある方
2)重症の高血圧、膵・腎臓・肝臓等の障害がある方
3)薬物やアルコール乱用歴がある方
4)不安・抑うつ・異常興奮状態の患者及び統合失調症等の精神障害がある方
5)小児、妊婦、授乳中の方

副作用

1)口の渇き (7.1%)
2)便秘 (6.4%)
3)吐き気 (4.2%)
4)不眠 (2.1%)※夕食前に飲むと、夜、寝られなくなることがあります
5)胃の不快感 (2.0%)
このほか、発汗、頭痛、脱力感、めまい、けん怠感、いらいら感、眠気、ふらつき、動悸などが起こることがあります。

薬の依存性

サノレックスの薬理作用は覚せい剤の成分であるアンフェタミン類という薬に似ています。アンフェタミン類は服用すると食欲が抑制されることが知られていました。サノレックスはアンフェタミン類の食欲抑制作用を参考にして考えられたものですが、その構造がアンフェタミン類とは異なるため、覚せい剤のような依存性は見られないとのことです。しかし、そのような薬理作用から内服の期間は3ヶ月が限度となります。

料金(税込み)
サノレックス 1錠 ¥900
サノレックス 30日分(30錠) ¥27,000 

※処方料金を含みます。

※診療は自費診療になり、健康保険は適応されません。
※初診料金3,240円、再診料金1,620円が必要となります。
※内服期間は最長3ヶ月となります。