自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

低アレルギー医療用チタン製ピアス

ファーストピアスについて

ピアスがどんな金属でできているかを考えてピアスをつける人はあまりいないと思います。しかし、最初につけるピアス(以下ファーストピアスと呼びます)にどのような金属が含まれているか知ることは大事です。最初に耳にピアスの穴をあけることは、耳の皮膚に穴をあけて、傷をつくることです。このときに、ピアスの傷は直接金属に触れることになりますが、このときにプラスチック、ステンレス、銀、金メッキなどのピアスを使用すると、傷からプラスチックや金属の微量な成分が溶け出して、いままでなかったアレルギーを作り立つことになりかねません。いったん金属アレルギーを体にもってしまうと、ピアス以外にもネックレス、指輪、時計などさまざまな金属製品をつけたさいに湿疹をつくることになります。

これらの金属アレルギーをつくらないようにするためには、チタン製のピアスをファーストピアスとして使われることをお勧めいたします。チタンは金属のなかで最もアレルギーが起こりにくく、最近は時計や歯科金属、手術用具などにも使われています。

ファーストピアスのアフターケア

ファーストピアスを失敗しないためには、ピアスをつけた1カ月間は消毒液で消毒します。この時にピアスを前後に移動させ、あるいは回転させることが重要で、これによって耳たぶの表と裏から皮膚の表皮が伸びてきてピアスが貫通した穴の部分を皮膚で覆うようになります。消毒が終了してもピアスは外すことなく、つけたままにしてこの前後移動と回転は続けます。耳たぶの薄い人で1ヶ月、厚い耳たぶの方ですと2ヶ月以上たつと、ピアスホールは完成です。一旦ピアスホールが完成するとその穴はピアスをしなくてもずっと残りますが、長期間ピアスを入れておかないと穴が小さくなってしまうので、再びピアスを差し込む時に皮膚を傷けることがあります。これを避けるために、ファーストピアスで使用したチタン製のピアスをいれておいたほうが無難です。
ピアスホールが完成して1年間は皮膚がまだ弱いので、引っかけるタイプのピアスや重いピアスは避けるべきです。この時期にはピアスの軸を受け止める小さな金具 (キャッチと呼ばれている) のついたオーソドックスなものがお勧めです。
また、以前ピアスで金属アレルギーによる接触皮膚炎が起こったことがある場合は、あらかじめ金属パッチテストを行い、どのような金属にアレルギーがあるかを知っておくと便利です。チタン製ピアス(ファーストピアス)後に使用する、金、銀、ステンレス製などのピアスを選ぶ時に役立ちます。

金属の特徴

金属の種類によってアレルギーの起こりやすさが違います。チタンは最もアレルギーが起こりにくく、ファーストピアスに使用されます。このほか、白金(プラチナ)や金はアレルギーが起こりにくい金属ですが、金は純金(24K)で使用されることは少なく、18K(75%が金)には銀、銅、パラジウム、ニッケルが使用されていて、アレルギーを起こすことがあります。

ニッケル/クロム

ニッケルは金属アレルギーが最も起こりやすい金属です。ステンレスに使われます。ジュエリーでは、金メッキジュエリーなどの下地として使用されます。したがって、メッキされたピアス、ステンレス製のピアスでは金属アレルギーが起こることがあります。

純金(24金、24K)はアレルギーの原因となることは少ないですが、混合金(イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)の場合、他の金属が混じっていて、純金に比べてアレルギーの可能性が高くなります。

成分/種類 ニッケル/バラジウム
純金(24K) 100%
イエローゴールド(18K) 75% 15% 10%
ピンクゴールド(18K) 75% 10% 15%
ホワイトゴールド(18K) 75% 15%  10%

亜鉛

真鍮や洋銀などの合金材料。亜鉛華と呼ばれる白色粉末は顔料、医薬品、化粧品などに含まれます。

 料金
両側(2個) ¥9,720
片側(1個) ¥5,400 

※料金はピアスと内服抗生剤3日分、鎮痛剤、消毒液を含みます。 初診料金は不要です。