保険診療のご案内

保険診療のご案内

therapy

金属アレルギー検査(パッチテスト)について

金属に対するアレルギーテストを行っております。健康保険適応

ピアス、歯科金属注1)にはいろいろな金属が含まれ、長年装用している間に、からだにアレルギー反応が起こることがあります。このような場合には、アレルギーの原因となる金属を推定、除去することで、皮膚疾患注2)が治癒あるいは軽快することがあります。また、ピアスにまける方は安全な金属を推定することで、ピアスのトラブルがなくなることがあります。
金属パッチテスト皮膚表面(背部)に金属を含んだ試薬を貼付することにより、アレルギー反応を起こすかどうかを調べる方法です。

テストでは、ピアスや歯科で使用される金属の16種類(アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、クロム、ニッケル、金、銀、銅、白金、亜鉛、鉄、水銀、詳細は文末参照)を検査することができます。

番号 試薬 検査金属

 1

 

塩化アルミニウム2% アルミニウム
 2 塩化コバルト2% コバルト
塩化第二スズ1% スズ
塩化第二鉄2%
塩化白金酸0.5%  白金(プラチナ)
塩化パラジウム1%  パラジウム
塩化マンガン2% マンガン 
三塩化インジウム1% インジウム 
四塩化イリジウム1% イリジウム 
10  臭化銀2% 銀 
11  重クロム酸カリウム0.5%  クロム
12  硫酸クロム2%  クロム
13  硫酸ニッケル5%  ニッケル
14  塩化亜鉛2% 亜鉛 
15  塩化金酸0.2%  金
16  硫酸銅1%  銅
17  塩化第二水銀0.05% 水銀 

注1)金、銀、銅、白金、パラジウム、インジウム、イリジウム、亜鉛、スズが使われています。
注2)口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬、扁平苔癬、金属接触皮膚炎(時計、下着の金属、ベルトのバックルピアス、ネックレスなどのジュエリー)、顔面湿疹、掌蹠膿疱症、貨幣状湿疹などの難治性湿疹。

検査手順

1)初診日:火曜日あるいは土曜日に問診、パッチテストの説明と実施を行います。
写真のように金属試薬を紙に染み込ませて背中に貼付します。
※検査当日と翌日は背中を濡らすことはできません。入浴はできませんが、下半身のシャワー浴は可能です。
2)第1回判定(開始より2日後):テープを除去し、最初の判定を行います。
※この日のテープ除去後から入浴は可能となります。
3)第2回判定(開始より3日後):2回目の判定を行います。
4)第3回判定(開始より7-10日後):最期の判定を行います。
アレルギーの可能性のある金属では写真のように紅くなります。

ご注意点

1)検査をご希望の方は電話で予約をしてください。準備の都合上、予約日に来院出来ない場合は前日までに連絡してください。
2)パッチテスト実施日は火、土曜日のみです。ただし、判定の2,3日目のいずれかが祝日の場合はできません。

検査日 判定
2日後 3日後 7-9日後
次週火以降
次週土以降 

3)テスト中は第1回判定(2日後)が終わるまで入浴できません。検査当日に入浴、洗髪されると1回入浴を我慢するだけとなります。 テスト部が濡れないよう、蒸れないように工夫したシャワー浴、洗髪は可能です。また、マークを消さないように、汗をかくような事は行わないでください(夏場の検査は困難です)。
4)痒くてもテープをはずさないでください。また、かいたり、たたいたりしないで下さい。
5)肌着は必ず着用してください。また、検査液が服につく場合が有りますので、テスト中は多少検査液がついても良い服装を選んでください。
6)貼布部位が背部になるので、検査開始日朝からテープをはがすまではブラジャーは着用できません(貼付したテープがずれるため)。
7)発汗を避け、体の動きで検査テープが剥がれるのを避けるため、テスト中は運動や子供さんを抱いたり、大きな荷物をかかえたりしないで下さい。
8)金属にアレルギーがあり、皮膚の陽性反応(炎症)が出現した部位は炎症後の色素沈着が起こり、長期間(6-12か月)残る場合があります。あらかじめご了承ください。

費用 健康保険が適応されます。

検査(350点)、試薬(82点)
自己負担3割で約1,300円
これ以外に初診料、再診料が必要となります。

金属の特徴

金属の種類によってアレルギーの起こりやすさが違います。チタンは最もアレルギーが起こりにくく、ファーストピアスに使用されます。このほか、白金(プラチナ)や金はアレルギーが起こりにくい金属ですが、金は純金(24K)で使用されることは少なく、18K(75%が金)には銀、銅、パラジウム、ニッケルが使用されていて、アレルギーを起こすことがあります。

ニッケル

ニッケルは金属アレルギーが最も起こりやすい金属です。ステンレスに使われます。ジュエリーでは、金メッキジュエリーなどの下地として使用されます。

クロム

時計の皮バンド、革手袋、ハンドバック、革靴などの仕上げに用いられます。皮が皮膚に接する部分で汗の多い部分などに皮膚炎を起こすことがあります(足、手首など)。また、メッキにも使われます。ニッケルと同様にステンレスに使われます。

純金(24金、24K)はアレルギーの原因となることは少ないですが、混合金(イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド)の場合、他の金属が混じっていて、純金に比べてアレルギーの可能性が高くなります。

成分/種類 ニッケル/バラジウム
純金(24K) 100%
イエローゴールド(18K) 75% 15% 10%
ピンクゴールド(18K) 75% 10% 15%
ホワイトゴールド(18K) 75% 15%  10%

亜鉛

真鍮や洋銀などの合金材料。亜鉛華と呼ばれる白色粉末は顔料、医薬品、化粧品などに含まれます。

参考資料

金属とアレルギー感作源

金属 感作源
アルミニウム 歯科用セメント、化粧品、香料、医薬品、歯磨き、絵具、クレヨン、顔料、塗料、皮なめし、ガラス、エナメル、陶磁器、セメント混合剤、ベーキングパウダー、写真、メッキ、灯油、軽油、食品容器、長期保存飲料容器の内壁、錠剤パッケージ、保温容器、電子機器内壁の電磁保護、タバコなどの防湿用包装材
歯科金属、金貨、貴金属、装飾品、メッキ
スズ 歯科金属、はんだ、青銅、合金、医薬品、顔料、感光紙、缶製品
化粧品、医薬品、消毒剤、農薬、塗料、印刷インキ、黒インキ、絵具、クレヨン、皮なめし、製革、写真、合成樹脂、建材(セメント瓦、スレート、アスベスト床、建材の着色顔料)、製紙、陶磁器、ゴム
白金 歯科金属、貴金属装飾品、メッキ、ハクキンカイロ、触媒、燃料電池
パラジウム 歯科金属、宝飾用合金、ホワイトゴールド、自動車用触媒、電子・電気材料
インジウム 歯科金属、電極
イリジウム 歯科金属、結婚指輪、電極
亜鉛 歯科用セメント、メッキ、化粧品、医薬品(亜鉛華軟膏など)、医薬部外品(脱臭剤、アストリンゼン、脱水剤)、印刷インキ、絵具、顔料、錆止め顔料、陶磁器うわぐすり、ガラス、アクリル系合成繊維、電池、サプリメント 
マンガン 特殊合金、ステンレス、医薬品、肥料、塗料、染料、ほうろう、織物、マッチ、マンガン電池、アルカリ電池
歯科金属、装身具、メッキ、貨幣、装飾品、 鏡、医薬品、食器、写真の感光材、抗菌加工
クロム  クロムメッキ、ステンレス、印刷業(青色)、試薬、塗料(ペンキ、ニス)、陶磁器うわぐすり、皮なめし
コバルト メッキ、合金工業、塗料(エナメル、ラッカー)、染着色(青色系)、顔料、陶器うわぐすり、粘土、セメント、ガラス工業、乾燥剤
メツキ、硬貨、鍋、ケトル、フライパン、屋根、雨とい、給水・給湯用配管、家電製品の部品、銅線、ステンドグラス、楽器、硬貨、真鍮、農薬、皮革、皮なめし、レーヨン、乾電池、木材防腐剤
水銀  蛍光灯、水銀灯、サロメチール(ワクチンの防腐剤)、錫亜鉛合金、治金、漂白クリーム、消毒剤、農薬、防腐剤、分析試薬、イレズミ(赤色)、金属うわぐすり、染料、皮革、皮なめし、フェルト、木材防腐剤、触媒、写真工業、アルミニウム電気版、印刷業
ニッケル ニッケルステンレス鋼、硬貨、クロムめっき、ニッケル合金(バックル、ガーター、腕時計、イヤリング、ネックレスなど〉、触媒、媒染剤塗料(ペンキ、ニス)、陶磁器、セメント、電気製版、充電池、磁石、ビューラー

金属を多く含む食品

  ニッケル コバルト クロム
豆類 全て 全て
木の実 全て 全て
穀類 玄米・蕎麦、オートミール
野菜 ホウレン草、レタス、カボチャ、キャベツ キャベツ 馬鈴薯、玉葱
キノコ マッシュルーム マッシュルーム
海藻 全て 青のり、干しひじき 青のり、昆布、干しひじき
肉類 肝臓
魚介類 牡礪、鮭、ニシン ホタテ貝
香辛料 全て 全て 全て
飲み物 紅茶、ココア、ワイン 紅茶、ココア、ビール、コーヒー 紅茶、ココア
菓子 チョコレート チョコレート チョコレート 
嗜好品 タバコ – 
薬剤 漢方  –