自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

効果的なニキビ治療のために

ニキビって治療が必要なの? どんな治療をするの? ちゃんと治療をしないとどうなるの? など、ニキビに関する疑問にお答えします。まずはニキビができる仕組み、当医院でのニキビの治療法を紹介します。

ニキビってどうしてできるの?

1.ニキビ(にきび)のはじまり

ニキビ(にきび)は1)脂腺の皮脂過剰、2)毛穴での皮膚のターンオーバー(生まれ変わりのリズム)の乱れ、3)毛穴の中のアクネ菌(ニキビ(にきび)菌)の増殖の3つが合わさってできます。
肌の毛孔(毛穴)の傍らには脂腺という皮脂(皮膚を潤す脂)をつくるところがあり、ここで産生される皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に分泌されます。皮膚のターンオーバーが乱れると、表皮の角化がやや過剰になり、この毛孔が皮脂によってつまりやすくなります。ここからニキビ(にきび)がはじまります。
皮膚への刺激(化粧、汚れの落とし方が不十分、紫外線、乾燥、髪の毛などの接触、擦れや汗貯留、皮脂分解産物など)は皮膚のターンオーバーを乱します。

2.白ニキビ(にきび)の発生

ニキビ(にきび)のはじまりは「白ニキビ(にきび)」です。毛穴が白くつまったような状態です。
白ニキビ(にきび)は古い角質と皮脂、細菌などが固まったものです。10歳-25歳くらいまでは過剰な性ホルモンがたくさんの皮脂をつくり分泌します。これらが毛孔につまって、ニキビ(にきび)がはじまります。おでこ(前額部)、ほお(頬部)、鼻にニキビ(にきび)ができやすくなります。
また、精神的なストレスによって、ストレスホルモンが過剰に分泌されると、これが男性ホルモンに変わり、皮脂の産生を促進して、あご、口のまわりなどにニキビ(にきび)ができやすくなります。成人型ニキビ(にきび)といわれ、男性のひげのはえる部分に一致するのが特徴です。
白ニキビ(にきび)の皮脂が紫外線や空気によって酸化されて黒く変色したものは「黒ニキビ(にきび)」と呼ばれ、鼻などでよく見られます。

3.炎症性ニキビ(にきび)(赤ニキビ)の発生

白ニキビ(にきび)の過剰な角化と皮脂で毛孔がふさがった状態では、皮脂の分泌がうまくできずに、脂腺にはたくさんの皮脂がたまってゆきます。
ここにニキビ(にきび)の原因となる「アクネ菌」が毛に添って外部から脂腺に侵入して、数を増やしてゆきます。
アクネ菌はリパーゼという酵素で皮脂を分解し、遊離脂肪酸をつくりますが、これが、赤く腫れる炎症の原因となります。そして、このアクネ菌を殺そうと、からだの白血球(好中球)が戦いをいどみ、炎症が起こります。戦った好中球の残骸が白~黄色い「うみ(膿)」です。また、好中球が戦う過程で大量の活性酸素が放出され、強い炎症が起きます。
この状態が「赤ニキビ(にきび)」と呼ばれる赤く腫れた状態です。

4.ニキビ(にきび)の治療-1

アクネ菌は、内服、外用抗生剤である程度殺菌することが可能で、内服抗生剤は最もよく効きます。また、抗生剤自身に炎症を止めてニキビ(にきび)を鎮静化する作用があります。しかし、内服抗生剤を長いあいだ使うことは、からだの中の良い細菌(口腔内常在菌や腸管の乳酸菌などの善玉菌)を殺すことになります。ちなみに、腸管の乳酸菌は、発癌物質を分解したり、からだに悪い悪玉菌の増殖を抑えています。また、口の中の常在菌(普通に存在して悪さをしない菌)は、悪玉菌やカビが口の中で増えないようにしてくれています。抗生剤を長期間飲むことは、このような有益な菌を殺し、下痢、口腔内のカビ、腟カンジダ症、さらには将来の発癌の原因にならないかと心配されます。
外用抗生剤ではこのような心配はありません。しかし、皮脂が頑固に毛孔につまった状態ではなかなか外用剤が毛包の中にはいってゆきません。また、皮脂は酸化して固形になり、通常の石鹸や洗顔ではなかなか除去できなくなってしまいます。

5.ニキビ(にきび)の治療-2

この頑固な皮脂を取り除くのが、ケミカルピーリングです。ピーリングとは「(果物などの皮を剥く」という意味です。フルーツ酸というリンゴなどの果物に含まれる酸で皮膚表面をやさしく溶かします。ニキビ(にきび)、皮膚の若返り、シミ、シワの治療に使います。いちばんマイルドなピーリングは、自宅で使用するホームケア用のピーリング石鹸(2%)です。
クリニックで行うケミカルピーリングは、石鹸の10-15倍の濃度(20-30%)のフルーツ酸、グリコール酸を使います。中~重症のにきびの方、就職活動、写真撮影、結婚式などのイベントが近く、早急な治療が必要な時に行います。
皮脂のつまりと過剰な角化がなくなると、外用抗生剤がスムーズに毛包に移行し、アクネ菌をすばやく除菌して、ニキビ(にきび)を治します。また、外用ビタミンC誘導体(リン酸化ビタミンC)を使用すると、赤みを消し、新たなニキビ(にきび)ができるのを防止できます。
また、皮膚のターンオーバーを促進し、毛孔の角化をなくすレチノイン酸外用剤も効果があります。