自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

ニキビ痕(赤み)の治療

ニキビに赤みには2種類あります。ひとつは盛り上がったニキビの赤み、もうひとつは平坦な赤み(ニキビ痕)です。

1)盛り上がったニキビの赤み

赤い盛り上がったニキビは炎症性ニキビで「赤色丘疹」といいます。赤色丘疹はニキビの治療が優先となります。ニキビの治療を適正に行い、ニキビが平坦になっても治療を続けて、ニキビが出ない良い状態を続ければ、1~2年かけて徐々にうすくなっていきます。保険診療での治療で満足いかないとき、治療を急ぐときはロングパルス・アレキサンドライトレーザーを用いたレーザーフェイシャルが適しています。

炎症性ニキビ「赤色丘疹」
盛り上がった赤いニキビです。まずはニキビ治療を優先します。

2)平坦な赤み(ニキビ痕)

ニキビの治療が成功して新しくニキビができなくなっても、ニキビの痕が平坦、あるいは少し陥凹して赤く残っている場合があります。これはニキビ治癒後に残存した炎症でニキビではありません。この炎症が残って赤くなった状態は外用・内服剤などの治療で直接消すことはできません。経過の長いニキビの場合、ニキビが治った後も赤みが消えるまでに1~2年程度かかることがあります。
積極的に赤みを消していくためには色素レーザーを使います。当院ではVビームⅡというレーザーを使用しています。

平坦なニキビ痕
ニキビはすでに治療されて、平坦な赤みのみが残っています。
ニキビの治療を継続しても赤みが消えるまで1~2年かかります。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは美白・美肌治療に効果を発揮しますが、ニキビのレーザー治療としても優れており、保険診療での治療に反応しない難治性ニキビを治療することができます。治療の原理は強めにレーザーを照射することで、脱毛と同じメカニズムで毛を燃焼させて、その熱で毛包に隣接したニキビの炎症の舞台である脂腺を熱破壊するものです。脂腺そのものを破壊するので、時間が経っても症状が後戻りすることがありません。2週間~1ヵ月に1回で7~12回程度の照射をおこないます。時間がかかるので急ぎの治療には向いていません。

シネロン・キャンデラ社:ジェントルレースプロ

レーザーフェイシャルとケミカルピーリングの違い

  長所 短所
レーザーフェイシャル 治療後も症状が逆戻りしない
効果が永続的
顔面の脱毛を兼ねる
弱い瘢痕改善作用がある
治療に時間がかかる(2週間~1ヵ月に1回で半年から1年)
急ぎの治療には向かない
ケミカルピーリング 即効性がある(結婚式前、写真撮影前の短期的な治療に向いている)
肌のツヤがでる
弱い瘢痕改善作用がある
永続性がない
長期間治療しないともとに戻ることが多い

レーザーフェイシャル治療例

28歳女性。1年間、外用剤、内服抗生剤の治療を行っていましたが、なかなか良くならず、2週に1回、合計4回のレーザー照射を行いました。その後は順調に軽快しましたが、悪化時のみに1回限りレーザーを照射しました。合計7回のレーザー照射をおこなっています

治療前
額に炎症性丘疹が多発しています。
治療7回終了後
この方の場合はニキビが治ると同時に赤みも消失しました。

色素レーザー(VビームⅡ)

早期に赤みを消したい場、あるいは2年以上たっても赤みが残っている場合、色素レーザーが効果があります。ニキビが長期にわたると、継続した炎症により血管が拡張したり血管の数が増加して赤みが長く残ります。色素レーザーの波長は595ナノメートルで血液中のヘモグロビンに選択的に吸収され、血管内壁が熱破壊されて血管を閉塞させます。これによりニキビの赤みの原因となっている血管を破壊してなくすことができます。

また、色素レーザーは皮膚のコラーゲンを増やす作用もあり、赤みを伴った浅い陥凹を盛り上げて、平坦にすることもできます。当クリニックではシネロン・キャンデラ社のVビームⅡを使用します。

※色素レーザーは赤みがない陥凹には効果がありません。この場合はフラクショナルレーザーを使って陥凹を盛り上げます。

シネロン・キャンデラ社VビームⅡ

VビームⅡ治療例1

治療前
20歳の女性。難治性のニキビでレーザーフェイシャルで治療をおこない、ニキビは出なくなりましたが、赤みと浅い陥凹が気になるということでVビームⅡの照射をおこないました。
治療3回終了後
赤みは完全に消失し、赤みを伴う浅い陥凹は平坦になりました。

VビームⅡ治療例2

治療前
治療3回終了後
15歳男性で、外用剤治療でニキビは出なくなっていますが、平坦な赤みが残っています。
治療4回終了後
赤みはかなり少なくなってきました。

治療のながれ

1)ご予約から診察

  • ●お電話にてニキビの赤み治療のカウンセリングを予約をしてください。診療は自費診療となります。初診料は¥3,240です。
  • ●カウンセリングではレーザー選択と肌の状況を確認して照射が可能かどうか判断いたします。日焼けしている方は治療ができません。
  • ●治療は予約をいただいて後日となります。
  • ●当日に治療の枠が空いているときは治療が可能です。
  • ●お電話でのご予約の時点では照射できる状態か不明ですので、カウンセリングの後に治療の予約はいれておりません。あらかじめご了承ください。

2)レーザー照射のながれ

  1. ご来院いただき、日焼け止め(サンスクーン)、化粧を完全に落としてください。レーザーを反射して効果が減弱したり、熱傷のおそれがあります。また、前日の夜に使用したクリーム類も残っていると効果を減弱します。
  2. レーザー照射は10~15分程度です。
  3. レーザー照射終了後はアイスパックにて照射部を冷却します

ニキビの赤み治療費用

レーザーフェイシャル(税込み)

平日割引料金(土曜日不可) ¥10,800
土曜日 ¥12,600

VビームⅡ

部位 料金(税込み)
全顔(額含まない) 32,400円(参考価格)
両側頬部 21,600円(参考価格)
鼻の周囲 10,800円(参考価格)

料金は参考価格です。赤みの範囲によって料金は異なります。