自費診療のご案内

自費診療のご案内

therapy

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)

稗粒腫とは

顔面の皮膚に発生する直径1~2mm以内のドーム状のできもので多発することがあります。中には白色の小さな粒が透けて見えることが多く、これは皮膚の角質のかたまりです。注射針の先などで皮膚を小さく切り開いて角質の粒を押し出すか、あるいは針先を使って取り除きますが、角質をつくる袋が残ってしまうと再発します。炭酸ガスレーザーを使って袋ごと角質のかたまりを取り除くのが確実な治療法です。

治療

注射針の先端で皮膚に傷をつけて、中に入ったボール状の角質をとることもありますが、袋状の部分が残って、しばらくすると再発することがあります。当院では炭酸ガスレーザーを使います。通常の炭酸ガスレーザーを使用しても治療はできますが、当院ではスキャナ付きフラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア2)を使用す
ることで傷の治りを短縮させます。

シネロン・キャンデラ社
スキャナ付きフラクショナル炭酸ガスレーザーCO2RE(コア2)

スキャナモードとは小さな面積でも、あたかも”カンナでけずるように”組織を正確な形、正確な深さで蒸散させることが可能です。スキャナモードの炭酸ガスレーザーでけずると周囲の正常組織へのダメージを少なくして 脂腺増殖症のみを削ることができます。治るまでの期間が短くなり、傷痕も通常の(スキャナモードなしの)炭酸ガスレーザーにくらべてきれいになります。

治療例

炭酸ガスレーザーにて治療集

表皮を炭酸ガスレーザーで削ると、なかに白いボール状の角質の塊が顔を出します。

このボール状の塊を取り出します。このときに塊の周囲の袋状の組織が残っていると再発します。

稗粒腫を袋ごと取った状態

傷には創傷保護材を貼って終了です。傷は5~7日で治ります。

治療について

治療時間 麻酔5分、レーザー照射1分/個
治療回数 1回
治療後の通院 なし
治療できない方 ケロイド体質の方
麻酔アレルギーがある方
医師が治療不可能と判断した方
治療に際しての注意

・歯科で要するのと同じ局所麻酔薬を注射します。

・治療部位は治療当日より水で洗い流し、創傷保護材(ビジダームテープ)を1日1~2回貼ります。

(ビジダームテープは肌色で目立ちにくいテープです。)

・傷は5~7日で治ります。 

創傷保護材(ビジダームテープ)

料金

個数 価格(税込み)
最初の1個 5,400円
同日治療の2個目から 2,160円 

※初診料金3,240円、再診料1,080円が別途必要となります。
※抗生剤、痛み止め、消毒液、抗生剤軟膏は別途実費(¥1,080~1,620円)。