院長紹介|最新医療とアンチエイジングのスペシャリスト

山手皮膚科クリニック院長

山手皮膚科クリニック院長

豊福 一朋(とよふく かずとも)

日本皮膚科学会認定専門医/日本抗加齢医学会専門医/医学博士/経営管理学修士(MBA)

  • 1991年:長崎大学医学部卒業
  • 1991年:長崎大学病院泌尿器科、九州大学病院皮膚科にて卒後研修
  • 1994年:九州大学大学院医学研究科入学。直後よりカナダ医学奨学金(Royal Canadian Medical Foundation)授与にてカナダ・アルバータ州立大学皮膚科(アルバータ州エドモントン)に留学
  • 1997年:九州中央病院皮膚科医長
  • 1998年:九州大学大学院医学研究科修了(医学博士)
  • 1999年:米国国立衛生研究所(NIH)(メリーランド州ベセスダ)研究員
  • 2001年:佐賀県立病院皮膚科医長
  • 2002-2004 慶應義塾大学大学院経営管理研究科
  • 2005年:山手皮膚科クリニックを開設

業績

色素(メラニン)細胞分野で米国、欧州の医学専門誌に論文掲載多数。 1994年カナダ医学奨学金にてカナダ留学 1995年日加皮膚科合同会議(カナダ・バンクーバー)優秀賞、米国国立衛生研究所(NIH)にて白皮症のメカニズムを解明し、その功績で2002年国際色素細胞学会(オランダ・アムステルダム)にて日本から最年少にて色素細胞の研究に関して招待講演。

certificate (gold)

著書

最新皮膚科学大全(中山書店)(分担執筆)、ほか


自己紹介

このたびは、当クリニックのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
わたくしは福岡県出身で、高校と大学合わせて9年間サッカー部に所属し、そのおかげで今も尚フットワーク良く活動しております。

わたくしは長崎大学医学部卒業後、長崎大学病院泌尿器科にて1年間と九州大学病院皮膚科にて1年間を研修医として勤務したのち、九州大学大学院皮膚科に在籍しました、大学院では4年間の在学期間のうち3年間をカナダ中西部ロッキー山脈の麓のアルバータ州立大学病院皮膚科(エドモントン)にメラニンの研究を行なうために留学しておりました。
アルバータ州は自然が豊富でロッキー山脈にハイキングやスキーによく出かけるなど、充実した大学院生活を送ることができました。
アルバータ州立大学ではメラニンの研究だけでなく、カナダの皮膚科専門医養成のトレーニングにも参加するなど、皮膚に関係するさまざまな研究と研修を行って参りました。また、カナダ留学中におなじくメラニンの研究をおこなっていた米国国立衛生研究所(NIH)からお誘いをいただき、1年間日本に勤務した後、ワシントンDC郊外にある米国国立衛生研究所の癌研究所(NCI)に2年間勤務致しました。
米国勤務中には当時はまだ日本ではなじみがなかった医療経営学に触れることがありました。米国の医療制度は日本に比べて良くありませんが、医療のレベルは高く、病院や大学では自ら経営を熟知した医師が経営を革新して高い医療水準を保っています。元来いろいろなものに興味を持ってしまうわたくしはこれに感銘を受け、帰国後に1年間九州大学の関連病院に勤務した後、2002年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科で2年間経営管理学を学びMBAを取得致しました。
クリニックを開設するにあたって、メラニン研究の世界第1人者である神保孝一教授とNIHのVincent J. Hearing(ビンセント・ヒアリング)先生のもとで勉強した色素疾患の知識を生かし皮膚科専門医として、2005年に高田馬場の荻生皮膚科医院を継承させていただき、その後自身のクリニックとして「山手皮フ科クリニック」に改名し、2009年に高田馬場駅に移転し、現在に至ります。

当クリニックは高度な医療を身近なものとして実現していき、皆様の皮膚に対するお悩みを解決していきたいと考えておりますので、お気軽にご来院、ご相談ください。 よろしければ当クリニックの治療方針をご覧ください。


その他実績

2006年から新宿区医師会の統合医療研究に関わっております。
統合医療とはサプリメントや特定保健用食品、アロマセラピーなど正規医療(従来の西洋医療)の枠を超えた、正規外医療と西洋医療を組み合わせて疾病を治療する方法、また治療とまではいかなくても健康を増進する医療を統合医療といいます。
このように統合医療は身の回りにあふれています。しかしながら、西洋医療のみを勉強してきた医師たちは正規以外の医療に関して無関心になりがちな傾向があります。
そこで新宿区医師会では統合医療研究をたち上げ、医師をはじめ、クリニックスタッフ、医療従事者以外の啓蒙を行っております。わたくしも微力ながら副委員長として勉強し、お手伝いしております。
医療に関してはいろいろと積極的に取り入れており、ほかにアロマセラピーの検定を取るなど日々勉強しております。


診療情報のご案内

  • 帯状疱疹後神経痛の治療
  • 再発性口唇ヘルペス・性器ヘルペスの治験
  • 中~重症アトピー性皮膚炎の治験
  • 慢性じんま疹の治験
早稲田大学生の皆様は申請で医療給付金が受けられます。

早稲田大学生の皆様へ
申請で医療給付金が受けられます。詳しくはこちら

診察内容

保険診療

ステロイド使用に関する院長の方針
にきび
蕁麻疹(じんま疹)
乾癬
ほくろ
太田母斑
異所性蒙古斑
外傷性刺青
アトピー性皮膚炎
白癬・水虫・たむし
イボ
ウオノメ
陥入爪
単純ヘルペス
帯状疱疹
(再発性)性器ヘルペス
金属アレルギー検査
接触皮膚炎パッチテスト
ナローバンドUVB

美容診療

Vビーム・パフェクタ
アファームマルチプレックス
フォトブライト治療(ライムライト)
ダウンタイムがないシミ治療
クールグライド
ジェネシスフェイストリートメント
レーザー脱毛について
男性の脱毛について
アレキサンドライトレーザー
炭酸ガスレーザスレーザ・フラクショナルレーザー(コア2)
ファーストピアス
チタン製セカンドピアス
老人性色素斑
ソバカス
肝斑
大田母斑(保険適用)
脂漏性角化症
くすみ
入墨・アートメイクの除去
ホクロ
にきび、にきび跡
眼瞼黄色腫
ヒアルロン酸注入
脂肪溶解注射
ボトックス注射
クビまわりのイボ
巻き爪ワイヤー治療
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
トレチノイン/ハイドロキノン
ケミカルピーリング
プラセンタ注射

その他

AGA(若年性・壮年性脱毛)
アロビックス
サノレックス
子宮頸がん予防ワクチン
当医院長が監修致しました。

“美白ネット”は当医院長が監修している美白に関する情報サイトです。
美白ネット
http://www.bihakunet.com/

当医院長が監修致しました。

“UVカット口コミランキング”は当医院長が監修しているUVカットに関する情報サイトです。
UVカット口コミランキング
http://www.uv-cut.jp/

当医院長が監修致しました。

VoCE2008年11月号
VoCE 2009年5月号
のビューティー用語 辞典「美ィキペディア(ヴィキペディア)」を当医院長が監修致しました。
VoCE2009年9月号
の「ivoce魂隊が行く!」で当医院が紹介されました。
VoCE2010年5月号
の「シミの勝ち組」を当医院長が監修致しました。
VoCE2012年5月号
の「美白のギモン」を当医院長が回答致しました。

その他取材

2010年5月17日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。
2010年6月17日Japan Times」に当医院長が取材を受けました。
2011年7月28日アルバ」の紫外線対策の記事を当医院長が監修致しました。
2011年9月22日夕刊フジ」に当医院長が取材を受けました。

インフォメーション。当クリニックについて

インフォメーション
  • 土曜日の院長受付時間

    土曜日に予約なしレーザー治療、院長の経過診察をご希望の方は受付時間をご確認ください。予約優先のためお待ち時間が予測できません。

    ※三宅医師の保険診療は9:00~14:50までの受付です。

    2月18日(土)

    9:00~10:00まで

    2月25日(土)

    9:00~11:00まで

    3月4日(土)

    9:00~14:00まで

    3月11日(土)

    9:00~11:30まで

    3月18日(土)

    9:00~14:00まで

    3月25日(土)

    9:00~14:00まで

  • 3月16日(木)

    午後の受付は18:00までとなります。

  • GW期間の診療について

    4月29日(土・祝)は診療を行い、5月6日(土)は休診とさせていただきます。

    5月8日(月)、5月9日(火)は混雑が予想されるため美容相談やレーザー治療のご予約はお取りできません。ご診察にいらっしゃる場合はお時間に余裕をもってご来院ください。

  • 診療医担当表が変更になりました。詳しくはこちら>>  毎週土曜日、木曜日、火曜日(午前)は医師2名体制で診療を行います。院長は自費診療、手術、予約の患者様を担当し、受付時間も異なりますのでご注意ください。院長の診察をご希望の方はこれらの日以外にご来院ください。

  • 学会・研究会出席のため、診療時間の変更や休診となることがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

地図・クリニックへのアクセスはこちら

山手皮膚科クリニックは、新宿区、高田馬場にある美容・皮膚科クリニックです。
Copyright(C)2006 山手皮膚科クリニック All rights reserved.