レーザー治療機器

レーザー治療機器

therapy

しわ、ほうれい線、ニキビあと、きずあとにアファームマルチプレックス

主な治療対象

  • フェースアップ
  • 顔、頚部の皮膚のたるみ
  • 毛穴の開き
  • しわ
  • にきび痕
  • ケロイド・肥厚性瘢痕
  • 妊娠線

最近の美容皮膚科治療では、フラクショナルレーザーが話題となっています。光治療とは全くアプローチの違う肌質改善の治療法として、今後大きく期待されています。
当院ではサイノシュア製の「アファームマルチプレックス」を導入しました。「アファームマルチプレックス」最大の特徴は、「お肌の入れ替え」と「たるみの引き締め」を一度の施術で行えることです。月に1回の照射を4~6回行うことで満足度の高い効果が実感できます。
「アファームマルチプレックス」は強力な引き締め効果を出すために、1440nmと1320nmの波長の異なる2種のレーザーを照射し、皮膚に目に見えない微小な孔(傷)を開けて、創傷治癒を刺激し、瘢痕組織の収縮と正常組織への再構築を促して、コラーゲンを増加させます。これにより、加齢変化をおこした皮膚を再生します。
フェースアップ、顔・頚部の皮膚のたるみ、毛穴の開き、しわ、にきび痕、ケロイド・肥厚性瘢痕、妊娠線に効果的で、従来のレーザーと比べ、優れた治療効果があります。

治療例

にきび痕の治療例

ほうれい線の治療例

妊娠線の治療例

傷跡/肥厚性瘢痕/ケロイドの治療例

しわの治療例

治療の手順

ご来院いただき、診察させていただきます。レーザー治療の説明を行い、料金をお知らせします。治療ご希望の方は後日日程を予約していただきます。原則として受診当日の照射はおこなっておりません。遠方からいらっしゃる場合は事前に電話でご相談ください。

施術の流れ

  1. 1.ご来院いただき、洗顔し化粧をおとしていただきます。
  2. 2.レーザー照射部に麻酔のテープを貼ります。すべてのお顔にレーザー照射する場合など面積が大きい時はクリーム麻酔を行います。
  3. 3.約20分程度お待ちいただきます。
  4. 4.レーザーを照射します(数分から15分)。
  5. 5.レーザー照射終了後、そのままメークをしてお帰りいただけます。
  6. 6.治療後赤みやほてりがでますが、2-3日で消失します。

全顔で約1時間程度のプログラムとなります。

アファーム照射風景

フラクショナルレーザーアファームマルチプレックス料金

レーザー照射数(ショット数)で異なります。下の金額は目安です

下まぶた(25ショットまで) ¥10,500
鼻(25ショットまで) ¥10,500
帯状毛穴(鼻周囲)(25ショットまで) ¥10,500
鼻+帯状毛穴(70ショット) ¥15,750
額(70ショット) ¥15,750
両頬(115ショット) ¥21,000
全顔(320ショット) ¥45,000
くび(150ショット) ¥25,000
全顔+くび(480ショット)
¥63,700

※すべて2パスで照射します。2パスとは顔全体に打つ方向を変えて2回照射することで効果が格段にアップします
※妊娠線、肥厚性瘢痕、ケロイドの治療料金は範囲によって異なりますので、受診時、お見積いたします。

アファームマルチプレックスに関するよくある質問

Q:アファームとアファームマルチプレックスはどう違うのですか?

A:アファームは1440nmの1種類のみのレーザー波を照射し、アファームマルチプレックスは1440nmと1320nmの2種類のレーザー波を照射します。アファームマルチプレックスの方がレーザーの深達度が深くより高い効果が期待でき、治療できる疾患が広がりました。

Q:照射の際に痛みはありますか?

A:痛みがあるので照射前に表面麻酔を行います。範囲が小さい場合(鼻のみなど)は麻酔含有テープ(ペンレステープ)を、それ以外は麻酔クリームを塗布します。20~40分の時間を必要とします。麻酔をおこなうことで痛みはなくなります。 麻酔の効果は1時間ほどでなくなります。

Q:照射後の赤みはどうのようになりますか?

A:照射直後より赤みと火照り感がでます。赤みは2~3日、火照り感は1日で消失します。 赤みは低出力で照射すると1日で消えますが、効果も減弱します。照射直後より化粧が可能で赤みは隠すことができます。 下の写真は照射4時間後の写真です。3日目(照射日が0日)には消失しました。

Q:施術後はお化粧して帰れますか?

A:直後よりお化粧して帰れます。

Q:1回の照射で効果ありますか?

A:1回で効果が感じられることは稀です。通常は3回目ころより効果が現れます。

Q:照射間隔と回数はどのくらいですか?

A:3~4週間おきにレーザー照射をうけることをお勧めします。にきび痕、毛穴の開き、妊娠線治療では回数は5~10回とお考えください。ケロイド・肥厚性瘢痕はそれ以上かかりますが個人差があります。経験的には皮膚がやわらかいほど効果発現が早く、治療回数が少ない傾向にあります。フェースアップ、顔・頚部の皮膚のたるみ、しわ、にきび痕治療では最初の4-5回を1カ月おきにおこない、その後は2カ月おきに継続しても効果があります。治療回数は5-10回ですが、それ以上続けることも可能です。

Q:料金が安いですが、技術は大丈夫ですか?

A:当クリニックは保険診療もおこなっているので、保険診療をおこなわない美容クリニックに比べると安価な価格設定が可能になっています。 当クリニックにおけるアファームマルチプレックスの症例数はとても多く、院長はアファームレーザー販売元のサイノシュア社よりの依頼で医師向けに照射方法のデモンストレーションをおこなっています。サイノシュア社とは常に意見交換をおこない治療技術の進歩に協力しています。
2010年5月9日サイノシュア社にて(施術しているのが院長)

Q:治療を続けることで皮膚が薄くなったりしますか?

A:薄くなる心配はありません。

Q:レーザー後は痕(あと)になりますか?

A:痕(あと)にはなりません。アファームマルチプレックスは皮膚に微小な穴(真皮までのやけど)をつくります。穴は周囲の組織から素早く修復されるのでまったく痕(あと)が残りません。この修復過程で皮膚の入れ替わりがおこります。また、何回おこなっても痕はできません。1回の照射で約10%の面積の微小なやけどをつくります。2パス照射すると20%の微小なやけどをつくるので、5回の照射をおこなうと理論的に100%の面積でやけどがおこったことになり、皮膚の入れ替わりが終了します。

Q:当日の飲酒はできますか?

A:火照り感が増しますが可能です。適度な飲酒では治療効果に悪影響はでません。

Q:レーザーを照射した後は紫外線にあたってはいけませんか?

A:シミ、ソバカスのレーザー治療と違い、レーザー後の特別なケアは必要ありません。しかし、皮膚の老化防止には、日常の生活であっても日傘、帽子の着用、サンスクリーン剤などの紫外線防御をおこなったほうが良いです。

Q:照射料金以外にかかる料金はいくらですか?

A:アファームレーザーのカウンセリングに当クリニックを自費診療で初回受診された場合は自費初診料金が別途3,240円、すでに自費診療で当院を受診されたことがある場合は再診料金1,080円(カウンセリング時のみ)が別途必要です。アファームの照射時には再診料金は不要です。 麻酔料金は、速効性麻酔クリーム(ペインブロック、麻酔時間20分)で3,240円(全顔)です。照射においてはこれ以外には料金は発生しません。